明るい性格なのにSNSは”闇”!「第一印象」で損する女性の特徴4つ

写真拡大

【相談者:30代女性】

合コンや友達からの紹介を通じて婚活をしているのですが、私のことを知れば知るほど、なぜか知り合った男性が離れていきます。

たとえば合コンで意気投合する男性に出会えても、時間が経つにつれその男性は他の女性のところに行ってしまい、結局連絡先すら聞かれずに終わります。
また友達から紹介された相手とも最初はLINEで楽しくやりとりできるのに、その後初めてのデートに行くとそのまま音信不通になるなんてこともあります。

どうして距離が近づけば近づくほど、彼らは私から離れていくのでしょうか。
私に何か悪い部分でもあるのでしょうか。

●悪いギャップを持たれるなら、それを意外性のあるギャップに変えてみましょう。

ご質問ありがとうございます。
コラムニストのLISAです。

お話を聞くかぎり、おそらく相談者様は第一印象が良すぎるため、その後のギャップで損をしてしまうタイプではないでしょうか。

そもそも恋愛におけるギャップとは、本来相手から好意を抱いてもらうきっかけをつくるもの。

しかし相談者様のように第一印象が良すぎる人だと、その後の第二印象、第三印象でこれまで以上に良い一面を見せるのは難しくなります。
その結果、マイナスとなる部分ばかりが目立ち、知れば知るほど相手に悪いギャップを与えてしまうのです。

では、後の印象に大きな影響を与える悪いギャップとはどのようなものなのでしょうか。

今回は独身男性の方々から伺ったお話に基づき、第一印象とのギャップで損をする女性の特徴を4つご紹介いたします。

●(1)きれいでモテそうなのに自意識過剰

『前に参加した飲み会にめちゃくちゃきれいな子がいたんですよ。その場にいた男性陣も全員が一発で彼女の虜になっていました。でも実際に会話をしてみると「私は出会ったばかりの男にすぐLINEを教えたりしないから」「あなたのアピールポイントって何?」とやたら上から目線の発言をされて。多分自分がモテることをわかっているからこその発言なんだろうけど、「男なら誰でも落とせる」という自意識過剰すぎるギャップにドン引きしましたね』(32歳/塾講師)

第一印象で「きれい」「モテそう」というイメージを抱かれやすい女性だと、出会ってすぐの相手から好印象を持たれることも多々あるでしょう。

とはいえ「自分は第一印象が良いからモテる」という思い込みは危険!その本音は必ず言動にも表れます。
最初は「きれいでモテそう」という良い印象を与えていたはずが、徐々に自意識過剰な一面を見せることにより、最後には高飛車な女という悪いギャップ だけが残ってしまうのです。

●(2)大人しそうに見えて実は口が悪い

『一見大人しそうに見える子が「はあ?ふざけんなよ」「マジでムカつくんだけど」と言っている一面を見ると残念な気持ちになります。いや勝手に大人しい子だと思い込んでいた自分も悪いんですけど……』(31歳/整体師)

第一印象で大人しそうに見られる女性も、実はギャップで損をしやすいタイプのひとりです。
そもそも大人しそうに見られる女性は、第一印象の時点で「落ち着いている」「物静かで知的」という勝手なイメージを持たれてしまいがち。

そのため、「大人しそうに見えて実は口が悪い」「大人しそうに見えて実はわがまま」など正反対の一面が見えるだけで、それが大きなイメージダウンにつながる可能性があるのです。

●(3)大人の女性に見えて実は幼稚で負けず嫌い

『以前、同年代の女性と比べて精神的に落ち着いている感じの女性と合コンで知り合ったんです。でも、お互いのことを知るにつれ、何かこの子は違うなと……。おそらく彼女はすごく負けず嫌いなんでしょうね。僕がちょっとした自慢をするとムキになって張り合ってきたり、軽い冗談でも本気で受け止めて苛立つ様子を見せてきたり。第一印象が大人っぽく見えた分、実は幼稚で負けず嫌いな一面に幻滅しましたね』(25歳/営業)