鳥貴族「280円均一」から、値上げ

写真拡大

居酒屋チェーンの「鳥貴族」は2017年10月1日から、フード・ドリンクの全品を、現行の280円から298円(いずれも税別)に値上げする。8月28日に発表した。

「280円均一」の低価格を売りモノに若者層などから支持されてきたが、アルバイト店員の時給の上昇や天候不順による国内野菜などの仕入れ価格の高騰で、値上げを余儀なくされた。値上げは28年ぶり。

人件費と材料費の高騰で

鳥貴族は、焼き鳥やサラダ、ドリンク類などの全品を値上げするほか、2時間食べ放題・飲み放題の「28 とりパーティー」の料金も、1人2800円から2980円(いずれも税別)に値上げする。

値上げの理由について、「原材料や人件費など、さまざまなコストが増加し、今後もこの傾向が続くことが見込まれる。当社ではこれまでも諸経費の削減など、価格維持に取り組んできたが、内部努力ではもはやコスト上昇分を吸収しつつ現行価格で高価値な商品とサービスの提供を続けることは難しいと判断した」としている。

同社は、全国567店舗(7月末時点)で、同じ料金でサービスを提供している。