ハリケーン「ハービー」、保険金はカトリーナ以下=独再保険会社

写真拡大

[フランクフルト 28日 ロイター] - ヒューストンなど米テキサス州湾岸部を直撃した大型ハリケーン「ハービー」による被害は、自然災害としての被害額が米国史上最大とされる2005年の「カトリーナ」を大幅に下回る見込みだ。ドイツのハノーバー再保険<HNRGn.DE>が28日明らかにした。

大型ハリケーンによる保険金支払額は、「カトリーナ」が800億ドル程度、12年の「サンディ」が360億ドルだった。

ハノーバー再保険の広報担当者は「ハービーによる被害規模は、カトリーナやサンディには遠く及ばない」と述べた。初期段階の市場予想を知る関係筋は28日、ハービーの保険金支払額は現時点で30億ドルを下回るとの見積もりを示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)