開幕3連勝と好スタートを切ったマンチェスター・ユナイテッドだが、ジョゼ・モウリーニョ監督はファンに更なるサポートをお願いした。地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が伝えている。

 26日、ユナイテッドはオールド・トラッフォードでレスター・シティと対戦。後半6分に獲得したPKはGKカスパー・シュマイケルに止められたが、後半25分にMFヘンリク・ムヒタリアンの右CKからFWマーカス・ラッシュフォードが先制点を挙げると、35分にMFマルアン・フェライニが加点し、2-0で完封勝ち。開幕から無失点で3連勝とした。

 だが、モウリーニョ監督はユナイテッドサポーターが「非常に静かだった」と指摘。過去にモウリーニョ監督は、「サポーターが盛り上げることで試合をもっと良いものにできる」と語り、スタジアムが盛り上がりが選手たちのパフォーマンスに大きく影響を与えると考えている。

 レスター戦後の会見でモウリーニョ監督は、「私はラッシュフォードの先制点を見ていない。なぜなら、交代で入れようとしていた(ジェシー・)リンガードと話していたからね。私はボールがゴールの中で飛び跳ねているところを見た。そして選手たちが飛び跳ねるところもね。そのとき、この試合で初めてサポーターの歓声を聞いたよ。今日のサポーターは非常に静かだった。だから、ゴールが決まったのがすぐにわかったよ。ゴールの瞬間、今日のスタジアムが満員であることを理解した最初の瞬間だった」と苦言を呈した。


●プレミアリーグ2017-18特集