8月26日、長野県白馬ジャンプ競技場で開催された、NBS杯レディス白馬サマージャンプ大会。高梨沙羅(クラレ)は、翌日に新潟で行なわれる塩沢ジャンプ大会に出場するため、この大会には出場せず、出場者7名のうちサマーグランプリ遠征メンバーは伊藤有希(土屋ホーム)と岩渕香里(北野建設)のふたりだった。


冬の本番を前に、夏から好調な伊藤有希

 伊藤と岩渕にとっては、チェコで行なわれたサマーグランプリ第3戦から帰国したばかりで、前日の公式練習は雨で中止となってぶっつけ本番となった試合。それでも伊藤は「ラージヒルを跳ぶことで空中での感覚がよくなることが多いので、期待しています。それに白馬もすごく好きなので、楽しみにしていた大会です」と、リラックスした様子だった。

 そんな言葉通りトライアルジャンプでは、ほかの選手が飛距離を伸ばせないでいるなか、ひとりだけK点(120m)を大きく超える127.5mを飛び、今季のサマーグランプリで優勝1回、3位2回で総合1位に立つ実力を見せつけた。

 1本目のジャンプは、ほかの選手が24番ゲートからスタートして、ひとり前の岩渕が120.5mを飛んだのに対し、伊藤だけはジュリー(競技最高責任者)が飛び過ぎを恐れて4段低い20番ゲートからのスタート。だがランディングバーンの下方の風が悪く117.5mに落ちるジャンプになってしまった。それでもゲートファクターで2位の岩渕に14点差をつけてトップに立ち、「自分ではテイクオフしたあとは130mを超えるくらいの高さがあったので、期待していたんですが、結構手前で落ちちゃって……」とあっけらかんとしていた。

 そして2本目も、ほかの選手が24番ゲートからスタートするなか、1本目より1段上げた21番ゲートからスタートした伊藤は、弱い向かい風の条件だったにも関わらず、127mの大ジャンプ。2位に45.8点差をつけての優勝で貫祿を見せつけた。

「トライアルを含めて3本とも大きなミスがなかったと思うので、次につながる試合になりました。昨日はオフィシャルトレーニングが中止になってしまって、1回も跳べなかったけど、それが逆によかったのか、特に狙い過ぎず、考え過ぎずに跳べたかなと思います。今日は1本ごとに風の条件が変わる試合でしたが、こういう試合はワールドカップでもあるので、いい経験になったと思います」

 伊藤は昨シーズン、W杯で1位5回、2位4回、3位2回の成績を残し、総合は高梨に次ぐ2位になっている。ラハティ(フィンランド)で開催された世界選手権でも15年大会に続いて銀メダル獲得と、大舞台に強いことを証明した。その勢いを平昌五輪へ向けて、さらに加速させたいこの夏シーズン。3試合終了時点でサマーグランプリ総合1位という結果にも、「メンバー的にもフルメンバーとはいえない状況だったし、いろんなシチュエーションもあったので……。1試合目に関しては試合だけ2本とも大失敗してしまったのですごく悔しい試合になったし、内容としては1試合ずつよくなった感じはありますが、イマイチしっくりこなかった試合ばかりだったなと思っています」と納得していない。

「サマーグランプリの1試合目は、試合までにジャンプも本数を飛び過ぎてしまって、どんどん狙っていくようになっていたというか。ジャンプ台に力を入れて踏み切ろうと考えるようになってしまっていたので試合で失敗してしまったのだと思います。だから今日は、このくらいリラックスした感覚で飛べるくらいがいいんだと勉強になりました」

 伊藤はこのあと9月2日からの妙高サマージャンプ大会に出場して夏シーズンを終えるが、そこからは再び体力作りに力を入れ、冬シーズンへの準備に取り組みたいという。

「技術的には、昨シーズンはあまり点数が出なかった飛型がひとつの課題で、もっと大胆にアピールできるものにしていきたいと思っています。自分で映像を見てもそんなに格好がよくないテレマーク着地になっているので……。それが足の前後のスタンスや幅なのか、手の位置なのか直すところはあるので、自分だけではなく他の人にも意見を聞きながら直していきたいと思っています」

 14年ソチ五輪以前の世界選手権は、初出場の09年大会で17位、11年大会が15位、13年大会は20位と結果を出せなかった。しかし、ソチ五輪で7位入賞を果たしたあとからは、2大会連続で銀メダルを獲得と一気に進化した。

「ソチ五輪の頃は、自分が世界のトップで戦うことまでは想像できていなかった。私は本当にちょっとずつ成長をしていくタイプで、あまり急激な成長は望めないと思うので、少しずつでも、着実に自分の力にしていければいいなと思います」

 こう言って笑顔を見せる伊藤は、多くの選手が敏感になっているスキーの長さも、「きっちり決めなくてもいいのではないか」と思っているという。その時の体重や状況に合わせて選べばいいという考えで、特に「この長さにしたい」というのはないという。そんなに細かいことを気にしないところが彼女の大きな武器であり、大舞台で何となく伝わってくる”大物感”につながっているのだろう。

 高梨もサマーグランプリ開幕戦で2位になったあと、第2戦では体重が200g足りなくてで失格したが、翌日の試合ではきっちり優勝して総合では2位と、今季も好調さを見せつけている。平昌五輪シーズンへ向け、日本ジャンプ女子ふたりがダブルエースとして戦うという期待が、さらに膨らんできた。

■冬季競技記事一覧>>