「厚さ2cm」がコツ! 炊きたての状態に近づけるご飯の保存方法

写真拡大

日本人で良かった!と思う瞬間の一つが、ホカホカの白米を口に入れたとき。ご飯は炊きたてに限るが、特に一人暮らしの人は炊いたご飯を一度に食べきれず、余らせてしまうことも。そんなとき便利なのが冷蔵庫での保存だが、「教えて!goo」にも「ご飯を冷蔵庫で保存、何日持ちますか?」という質問が投稿されているように、一体どのくらいを目安に食べ切るのがよいのだろうか? 料理講師に聞いてみた。

■冷蔵vs冷凍、炊きたてに近い状態で食べられるのはどっち!?

「一度炊いたご飯を冷蔵保存すると、時間が経つごとに生のデンプンに戻り、ボソボソとした口当たりになります。冷蔵庫の温度5度が、この状態に最も早くなります。そのため、1週間は日持ちしますが、炊きたてに近い状態で召し上がるなら、3日以内がおすすめです」と教えてくれたのは、料理講師の不破美穂子さん。

「冷蔵庫での保存はラップに包んだまま保存ができ、翌日食べるなら電子レンジ500Wで1分程度と、すぐに食べられるのがメリットです。その反面、冷めたご飯を冷蔵すると、日が経てば経つほどどんどん老化現象が進んでしまいますし、冷蔵庫臭が気になることも。ご飯に少量の砂糖を混ぜて保存をすると、多少老化現象を遅らせることができます」(不破さん)

では、冷蔵庫ではなく冷凍庫で保存した場合はどうだろうか?

「まだ冷めきっていない状態で冷凍保存容器に入れると、水分を逃がさず冷凍できます。そのため、温めると炊きたてに近い状態に仕上がります。ただし、ラップだけでは老化現象が進むので、冷凍容器が必要となります」(不破さん)

冷凍保存の方が、時間が経っても炊きたてに近い状態で食べられるようだ。完全に冷め切る前に冷凍容器に入れるのがポイント。冷凍容器は100円ショップでも購入でき、解凍した後もおいしく食べられるので持っていない人はチェックしてみよう。

■もっとおいしく食べる方法はないの?

基本が分かったところで、保存したご飯をよりおいしく食べられる方法について聞いてみた。

「温める際に蒸し器で蒸すと水分が加わるので、より一層炊きたてに近い状態になります。やけどには、十分注意してください。また、温めたあと、炊きたてのご飯に混ぜるのもおすすめです。チャーハンや雑炊、クッパなどに調理しても良いですね」(不破さん)

炊きたてのご飯をチャーハンや雑炊にするのは、何となく勿体無い気も……。そんなときこそ、冷やご飯を活用したい。最後に、冷蔵するにせよ冷凍するにせよ、保存するうえで最も大切なことがコチラ。

「ラップに包むときや保存容器に入れるときは、約2cmの厚さに。保存状態も良く、ムラなく早く温まります」(不破さん)

まもなく新米の季節。冷蔵・冷凍したご飯が少しの工夫で今より味わい深くなるので、ぜひ試してみよう。

●専門家プロフィール:不破 美穂子(ふわ みほこ)
「MICCHEL パンと料理の小さな教室」講師。家庭でできるパン作りを中心に、生徒ひとりひとりに合わせたレッスンが好評。大手企業向けレシピ開発なども手掛けている。楽天市場にて、パンやパンケーキの販売店・みっちぇる&ごいしを運営。

(酒井理恵)

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)