メールの文面を気をつけよう

写真拡大

メールというのはとても便利なツールです。その分、文面ひとつとってしまうと相手をいらっとされてしまうこともあります。フランクに書いてしまえば馴れ馴れしいと思われてしまいますし、一方であくまでもていねいに書くことを心がけたとしても慇懃無礼なイメージを持たれてしまいかねません。ベストな電子メールの送り方というのは実のところ大変難しいと言わざるをえないでしょう。

どんなメールを書くべきか?

平野友朗監修による『イラッとされないビジネスメール 正解 不正解』(サンクチュアリ出版)においては、そんなビジネスメールの書き方についてていねいな解説がなされた本です。実際に、文面を紹介し、ここがOK、あるいはここがダメという形で添削形式で紹介されているので、実践的な内容になっています。そこで記されているビジネスメールの極意とはいったいどのようなものなのでしょうか。

ついやってしまいがちなこと

本書で紹介されているビジネスメールのマナーについては、誰もがついやってしまいがちなことでもあるでしょう。あいさつの文章が長すぎて何を伝えようとしているのかわからない、長文すぎて読んでもらえない、といった問題が浮かび上がってきます。さらに余計な一言や、自分の都合を押し付けるようなメールもNGです。便利である分、そうした基本的な部分を見落としがちになってしまうことにあらためて気付かされる本となっています。