森と海に包まれて過ごす贅沢なひととき。一日一組限定の沖縄のシークレットヴィラ

写真拡大 (全8枚)

沖縄本島北部は、木漏れ日が降り注ぐ森や雄大で真っ青な海が美しい地域。中でも「備瀬」は、集落内に立ち並んだ古民家を取り囲むように繁茂しているフクギ並木から自然のエネルギーをダイレクトに感じられるスポットとして知られています。

今回は、沖縄に移住して約9ヶ月、現地でWebライターをしているきららが、備瀬地域をより深く堪能するために、おすすめしたいプライベートヴィラ2つをご紹介します。

備瀬のフクギ並木を満喫するなら宿泊もおすすめ

備瀬集落内には、特別な空気感を存分に味わうことができる宿泊施設が多数あります。
今回は、いくつかある宿泊施設の中でも特に贅沢な空間に身を委ねることができる、1日1組限定のラグジュアリーヴィラ2つをご紹介します。

どちらもフクギの木々にひっそりと隠れるように在るヴィラですが、備瀬入り口に到着して電話をすれば、丁寧に道案内をしてもらえますので安心してくださいね。

フクギの森の佇む「バース ザ スイート」

「Birth the suite(バース ザ スイート)」は、フクギの包まれるようにして滞在できる空間が魅力のプライベートヴィラです。周囲に生い茂る樹齢300年のフクギの大木が生み出す空間からはマイナスイオンを感じられ、リラックス効果は抜群。木々の間から見える青い海を独り占めできます。

ゆったりとした、たおやかな空気と時間が流れる室内に入った瞬間、「ここに住みたい!」と思ってしまったほど。広々とした空間には無駄なインテリアは一切なく、優雅にプライベートな時間を過ごすためだけの空間が整えられています。その居住まいと、丁寧に生けられた花のおもてなしに、心身ともに解けていくのが感じられます。

事前に予約をすれば宿泊当日の夜・翌日の朝食は、この後ご紹介する姉妹店「ULTRA BLUE(ウルトラブルー)」内のレストランで食事することも可能です。

目の前にはサンゴ礁の海「ウルトラブルー」

もう一軒のおすすめ「ULTRA BLUE(ウルトラブルー)」は、"人生に海辺の生活を"というテーマで作られたレストラン&ヴィラです。
白を基調として、海の青をイメージしたアイスブルーを差し色にした部屋は、とてもかわいらしい雰囲気で、女性の一人旅にもよく利用されるそうです。

南国フルーツや島野菜をたっぷり味わえるレストランも

ウルトラブルーは、1階がリゾートフレンチのレストラン、2階がプライベートヴィラという作りになっています。1階のレストランは、バース・ウルトラブルーの宿泊のお客様はもちろん、通常のレストランとして立ち寄ることも可能。

朝食メニューは4種類から選べるパンケーキブレックファスト。目覚めのためのフレッシュジュースとデザート、温かいドリンクがついてきます。

フレッシュジュースは、オレンジジュース・自家製ハイビスカス炭酸ソーダ・早摘みシークワーサージュースの3種類から、わたしは早摘みシークワーサージュースを。シークワーサーの甘酸っぱさが寝起きの体に染み渡り、1日を幸せに過ごせそうな気分になりました。

メインとなるパンケーキは、それぞれ島野菜や今帰仁トマト、ピパーツ(島胡椒)、フルーツなど沖縄県産の食材をふんだんに使用した、伊江島全粒粉小麦のパンケーキ4種類から選択できます。
今回は、シュリンプ&島野菜にアメリケーヌソースとピパーツ(島胡椒)を添えたパンケーキにしました。
プリッとしたえびの食感とふわふわのパンケーキの生地が相性抜群で、クリーミーなソースとピリッとした島胡椒が見事に口の中の味をまとめてくれます。

訪れた2つのヴィラでは、普段仕事や家事などで忙しい毎日を忘れて心に羽がはえたように軽々とした気持ちになれました。

備瀬は、古くから先祖崇拝の息づく神聖な村です。
集落には御嶽(うたき)を含む聖木、聖石が点在しており、なおかつ村人の生活の場でもあります。
訪れる際にはマナーを守りながら、備瀬の神聖な空気を楽しんでくださいね。

ことりっぷの最新記事