グラノジェルス市の練習場でのコカ兄弟

写真拡大

「オリベルとベンジー(キャプテン翼の西題)」がきっかけでサッカーを始めた子供たちは多い。このアニメのデリック兄弟(日本では“立花兄弟”)という双子の選手をほうふつとさせる2人がバルサに加入した。
ジャン・コカとジョルディ・コカの兄弟だ。2人はそろって今年の夏カルレス・マルティネス率いるインファンティルAへ移籍した。

この兄弟の成長ぶりは目覚ましいが、サッカー歴はけして長くはない。CDカルメロでキャリアをスタートしたコカ兄弟は、3年後にウニオンアトレティカへ移籍し2度のリーグ優勝を果たした。その後移籍したポルフォントで兄弟は100ゴールを決め、マドリー相手に2-0で勝利するなど快挙を挙げた。

この素晴らしい活躍に関心が集まり、ダムのインファンティルBを経たのちにビジャレアルの下部組織にスカウトされたが、時を同じくしてコカ兄弟の憧れのクラブであるバルサがオファーを送った。バルサのファンであるコカファミリーは喜びに沸いた。

現在コカ兄弟はプレシーズンマッチに全力投球している。ジョルディは生粋の右ウィングだが、ジャンはその他の選手たちとのコンビネーションで相手のゴールを狙うことに長けている。2人の夢は下部組織で力を伸ばし、さらなる高みを目指すことだ。