現役引退を表明した伊達公子【写真:Getty Images】

写真拡大

公式ブログで「再チャレンジにピリオドを打つ決断をいたしました」と報告

 女子テニス選手で元世界ランキング4位の伊達公子(エステティックTBC)が28日、自身の公式ブログで現役引退を表明した。女子テニス界のレジェンドである46歳の決断に、ファンから「夢をありがとう」「チャレンジし続ける姿に背中を押されました」などと反響を呼んでいる。

 その瞬間は突然やってきた。

 伊達は28日15時ちょうどに、「決断」というエントリーで自身のブログを更新。「『そう遠くない日』と言っていた日がとうとう訪れました。伊達公子、再チャレンジにピリオドを打つ決断をいたしました」とつづり、現役引退の決意を固めたことを明かした。

 高校卒業と同時にプロに転向した伊達は、1995年に自己最高位となる世界ランク4位まで上り詰め、翌年のウィンブルドンはベスト4に進出。国別対抗戦のフェドカップでは同1位のシュテフィ・グラフ(ドイツ)を撃破するなど数々の快挙を成し遂げた。

 96年に26歳の若さで引退後、08年4月に「再チャレンジ」として37歳で現役復帰を決意。年齢を感じさせない活躍ぶりを見せていたが、16年に左膝の手術を受け、長期離脱を余儀なくされた。今年4月に公式戦復帰を果たすも、肩の炎症を理由に全米オープンの予選出場は断念している。

9月11日に開幕するジャパン女子オープンが現役最後の大会

 ブログでは、「(4月の)岐阜のカンガルーカップで復帰を果たし、これからという気持ちが膨らむ中で、肩の古傷の痛みがひどくなってきました。膝関節も痛みはないものの100%気にしないで動けるとはなかなか言えない中で、思うように大会に出場すらできていません」と複雑な胸中を告白。「どこかでテニスに区切りをつけなければならない時があるのならば、それが今ではないかと思ったのです」と記した。

 伊達はブログに加え、自身の公式Facebookでも現役引退の決断を報告。ファンからは「お疲れさまでした」という労いの言葉のほかにも、「夢をありがとう」「チャレンジし続ける姿に背中を押されました」「たくさんの勇気をいただきました」「最後の試合頑張ってください」といった存在の大きさを感じさせる惜別のメッセージが多数寄せられている。

 9月11日に開幕するジャパン女子オープンが伊達にとって最後の大会。観客を魅了するプレーを見せ、花道を飾ってくれるに違いない。