写真集イベントを開催した染谷俊之/撮影=龍田浩之

写真拡大

舞台を中心に活躍、人気を博す、若手俳優・染谷俊之の2nd写真集「9/0」の発売を記念して、8月26日に東京、27日に大阪で発売イベントが開催された。

【写真を見る】お気に入りの写真は、濡れ髪をバスタオルで拭くショット/撮影=龍田浩之

「今回、ほんとうにすてきな写真集を作っていただいてうれしいです。タイトルの『9/0』の、9は29の9、と30の0。それから、今年でデビュー9年目、来年10年目を迎えるので新たにリスタートを切る、という2つの意味が込められています」

コンセプトは「猫目線」。猫好きで日頃から、外出先でも見かけると、ついかまってしまうという染谷の日常を猫たちが見つめているというもの。それだけに写真集ではまさに「猫」だけが知る、29歳の素顔が満載。

「いろいろなシチュエーションで撮影していただいて、地元の谷根千での散歩や仕事に向かう日の朝、オフの1日、30代に向けての出発と、4つの物語があるんです。なかでも日暮里から千駄木へと向かう場所は高校の通学路でもあったので、懐かしかったです。この年になって歩いてみて、味わい深い街なんだと改めて、その良さを発見しました」

初めての、料理にも挑戦。

「ベーコンエッグを作ったんですが、かなり上手に作れて、これがまた美味しかったので、これからも作ろうと思いました……と、いっても、あの瞬間だけでしたが(笑)。オフの日をイメージした撮影では、自分のロードバイクを持ち込んで実際に走ったんですが、すごく気持ちよくて。公園で会った犬がすごく可愛くて、猫目線ですが、なぜか犬と遊んでました」

なかでも気に入っている写真は、濡れ髪をバスタオルで拭くショット。

「自分で選ぶのは恥ずかしいんですが、実はやってみたかったんです。これまで映像作品でずぶ濡れになることはあっても、写真で残すということはなくて。だって、髪を濡らしてしまうと乾かすのが大変だから、普段の取材ではなかなかできないことなので、今回、撮っていただけてよかったです」

30才を迎える今、2nd写真集を出すことは喜びでもあり、驚きでもあるという。

「いい意味で、冗談みたいだな、と思っているんです。未だに信じられないというか。デビューしてから自分の写真集やカレンダーとかグッズを作っていただいていることが不思議で、これ全部、実はドッキリじゃないかと、今、この瞬間も思っています。信じられないというか、でも、だからこそありがたいです」

さらにこの写真集は国内だけでなく、中国でも発売決定。国内版に加えて、これまで演じてきた作品と役衣裳のグラビアが追加されるという。9月3日には初のアジアファンミーティングも開催される。

「発売の話を最初に聞いた時は、果たして中国に僕のファンの方がいるのかな? という思いでした。ただ、確かに日本でのイベントにも中国からの方々がおられるので、その国で発売されるのはうれしいです。ほかにも一度、ロサンゼルスから来ました、という方がいて、いろいろな方々に知ってもらえていることが驚きでもありましたが、うれしいことでもありました。とてもささやかかもしれませんが、僕とファンの方の交流が文化の交流にならたらいいなと思います。上海のファンミーティングも、中国の皆さんに直接にお会いできる初めての機会なので、僕も思いっきり、楽しみます」

また、今回、「特別電子版」として、よりナチュラルなアザーカットがなんと40カットも追加された豪華版も同時発売されている。

「本とは別に、スマホでいつでも身近に置いてほしいです。いろいろな場所でたくさん見てください」

取材を終えた染谷は、すでに会場に集っていた観客のあたたかい拍手に迎えられ入場。ファンと笑顔で握手した。

「少しの時間ですが、ファンの方、ひとりひとりとお話できる時間をいただけたのは貴重な機会で、楽しかったです。20代最後の写真集、楽しんでください」

取材・文:おーちようこ