不思議な感覚かも!耳の負担が少ない骨伝導集音器!

写真拡大 (全6枚)

会話やテレビの音がちょっと聞こえづらかったり、後ろから声をかけられても聞こえなかったりと、これまでの集音器にはいろいろな使いづらいポイントがありました。また、いかにも耳が悪いんだと周囲に分かるような補助具を嫌う人もいたのでしゃないでしょうか?

今回オススメしたいのはサンコーから新発売の「ヘッドフォン型骨伝導集音器」。鼓膜に負担をかけず耳が疲れにくい骨伝導タイプのヘッドフォンと、高性能マイク内蔵の集音器の一体型アイテムなのです。

普通のヘッドフォンのようで、集音器だとわからないようなデザインも秀逸ですよ。

「ヘッドフォン型骨伝導集音器」はイヤホンタイプのように空気の振動で音を伝えるのではなく、骨の振動を通して直接耳の中に音が伝わる骨伝導タイプの集音器。長時間の使用でも耳が痛くならず鼓膜にも負担がかかりません。また、キーンとなる耳障りなハウリングの発生も抑えてくれます。

ヘッドホン部分は頭の大きさに合わせてサイズ調整が可能。集音器のマイクはクリップ式で衣服や胸元に簡単に挟んで取り付けられます。右と左で音量をそれぞれ個別にコントロールが可能なのもユニーク。方耳だけ聞こえづらい場合でも快適に使えます。

集音部分を手に持って動かせるわけですから、ちょっとマニアックな使い方としては……。配管の仕事をされている方は管内流速を知ることに使えたり、樹木に直接あてて水流の音を聴いたり、なんてことも可能でしょう。

また、自分の背中側にぶら下げておけば、背後の音がよく聞こえるという使い方もできますね。普通に骨伝導ヘッドホンとしても使用できる、耳の疲れを気にせず長時間の音楽鑑賞や英語教材などの勉強にもオススメです。

電源不要のバッテリー内蔵式、約2時間の充電で約10時間稼働。パソコンやUSB-ACチャージャー(別売)からも充電できます。3980円という価格も魅力ですね。

>> サンコー「ヘッドフォン型骨伝導集音器」

 

(文/&GP編集部)