ユニクロがマタニティウエアの展開スタート、産着もそろえ全カテゴリーに対応

写真拡大

 「ユニクロ(UNIQLO)」が、新生児とマタニティ向けウエアの展開を開始した。大型店および一部店舗、公式オンラインサイトで展開する。
 これまでユニクロは、ブラトップやワンピースなど通常の商品のオーバーサイズをマタニティウエアの代わりに着用するなどの提案は行ってきたが、カテゴリーとして展開するのは初めて。今回、妊娠時に特に変化が大きいお腹周りのボトムスとショーツの全4型を発売する。妊娠時という特定の期間だからこそ楽しめるファッションを目指し、親しみやすく使ってもらいたいとの開発者の思いから、アイテムはユニクロの定番商品をアップデート。コットンリブ素材を使用し、ウエストのアジャスターでサイズ調整が可能なマタニティウルトラストレッチジーンズ(3,990円)とマタニティレギンズパンツ(2,990円)をはじめ、ゴムではなくパワーネットを使用するため食い込みにくいマタニティショーツ(790円)やお腹周りが2重で冷えにくいレギンス(1,500円)をラインナップする。展開の背景について中筋雅彦 ファーストリテイリング執行役員は「以前から要望が多かったが、ユニクロのラインナップでは欠如していたカテゴリー。Lifewearをコンセプトに掲げる以上、必要な分野であり研究開発を進めてきたが、工夫や気づかいを凝らした商品を自信を持って提案できるタイミングとなり発売にいたった」と説明した。
 また、これまでの60センチの展開に加え、新たに生まれてまもない新生児向けに50センチ〜60センチの短肌着(2枚組・990円)とコンビ肌着(2枚組・1,500円、いずれも税別)の産着の展開を開始。肌への刺激を低減するため、綿100%で身頃は背中や脇に縫い目のない1枚仕立てになっているほか、掛け違い防止の色違いのスナップボタンや手を入れやすいように袖口を広くするなど着替えさせる側にも配慮した設計になっている。中筋氏は「国内では毎年約100万人程度の新生児が誕生するほか、世界的に見るとさらに大きな有望市場。現時点ではこの型数で展開していくが、今後の反応を見て必要なアイテムがあれば追加で検討していく」と今後の展開について語った。商品はグローバルでも発売される。