ゆず/久保田利伸/plentyら出演【SWEET LOVE SHOWER 2017】最終日レポ

写真拡大

 スペースシャワーTVが主催する野外ライブイベント【SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017】が、 8月25、26、27日の3日間にわたり山梨県・山中湖交流プラザきららにて開催。最終日となった27日は多彩なポップ・アクトたちが勢揃いし、華やかなパフォーマンスを次々に繰り広げた。

【SWEET LOVE SHOWER 2017】最終日写真(全19枚)

 <LAKESIDE STAGE>のトップ・バッターは同フェス4年連続出演のSHISHAMO。「好き好き!」からスタートし、ゆるいMCを挟みつつラストの「明日も」まで夏らしい軽快なサウンドに乗せて女子心を紡ぎ、観客の心を掴んだ。その後登場したきゃりーぱみゅぱみゅは、「つけまつける」や「にんじゃりばんばん」などヒット曲を次々に投下し、一体感が溢れた会場では皆がタオルを回したりダンスを踊ったりと自由に楽しんだ。

 <Mt.FUJI STAGE>では、同フェスに10年ぶりの出演となったCoccoが登場。「強く儚い者たち」でライブの口火を切ると、MCをほぼ挟まず観る者の心の奥に突き刺さる歌声を紡ぎ出し、ラストの「音速パンチ」を歌い終え盛大な拍手に包まれ笑顔でステージを後にした。その後同ステージに心地良い風を吹かせにやってきたのは、Suchmos。「YMM」や「Miree」をグルーヴィーに聴かせ、観客は身を委ねるように身体を揺らしていた。さらに「WIPER」や「OVERSTAND」といった新曲もプレイし、現在のSuchmosの在り方を示した。

 過去に、数々の"歴史"を【SWEET LOVE SHOWER】に刻んできたレキシは<LAKESIDE STAGE>に登場。「狩りから稲作へ」や「きらきら武士」などを含むセットリストで 、お馴染みの替え歌やユーモア溢れるMCで盛り上げ、会場中の稲穂を揺らした。

 <FOREST STAGE>では、オープニング・アクトのAge Factoryの激しいアクトから一転、お昼過ぎには平井 大が夏にぴったりのサーフ・ロックを響かせたり、never young beach、Yogee New Wavesら若手バンド勢も大活躍。5年ぶりの登場となったOKAMOTO'Sは、堂々たるステージングと確かな演奏力を見せつけ、最新アルバムの楽曲も披露し<FOREST STAGE>を沸かせた。

 後半戦になり、<LAKESIDE STAGE>に颯爽と登場した[Alexandros]は、伸びやかな歌声と白熱したプレイでオーディエンスを魅了。新しいSEに、新曲を2曲も披露するなど新しいスタイルでこの日のステージを盛り上げた。

 <FOREST STAGE>のトリを務めたのは、今年解散を発表した、plenty。この日が彼らにとって最後の夏フェスとなったライブは、「ひとつ、さよなら」でスタートした。センチメンタルな楽曲と歌声でしっとりと観客を魅了し、心を込めてアンコール「蒼き日々」までプレイしきった。

 そして<Mt.FUJI STAGE>のラストには、本フェスに久保田利伸が初降臨。バンドとコーラスの演奏ですでに温まった会場に登場するなり大歓声と拍手が巻き起こった。「LA・LA・LA LOVE SONG」や「Bring me up!」では久保田の歌声とステージから放たれるグルーヴに導かれるがまま観客も体を揺らすと、「Missing」では吸い込まれるように聴き入り、久保田の貫録を感じる華々しいステージングに誰もが魅了された。

 <LAKESIDE STAGE>にて本フェスのフィナーレを飾ったのは初登場のゆず。名曲揃いのセットリストに会場の熱気はどんどん上昇し、アップ・チューンではコール&レスポンスで盛り上げつつ会場中を躍らせ、バラードでは山中湖畔に響き渡る美しいハーモニーに観客が酔いしれた。ラストは、全員が大合唱となる感動と興奮の渦の中、3日間の【SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2017】が締めくくられた。