ピンク、自分を醜いと言い出した娘へプレゼン

写真拡大

日曜日(8月27日)、<2017 MTV Video Music Awards>で特別賞のマイケル・ジャクソン・ビデオ・ヴァンガード・アワードを受賞したピンクが、自身を愛することの大切さを訴えた。

◆ピンク一家 画像

ピンクはアワード受賞のスピーチで、最近、6歳になる娘ウィローちゃんから「私みたいに醜い女の子は知らない。髪の長い男の子みたい」と言われ驚いたとの逸話を披露した。

彼女はその場では反論せず、後ほど、パワーポイントを使い、マイケル・ジャクソンやプリンス、デヴィッド・ボウイ、フレディ・マーキュリー、エルトン・ジョン、ジョージ・マイケル、アニー・レノックス、ジャニス・ジョプリンなど「自分に忠実に生き、人生を謳歌し、自分の意思を伝え、他の人たちをインスパイアする」アーティストの写真を映し出しながら、娘にプレゼンしたそうだ。

そのとき、こう話したという。「誰かが私をからかうとき、男みたいだとか、筋肉質だとか、言葉が過ぎるとか言う。(だからといって)私が髪を伸ばすの見た? 私が体型を変えるの見た? (でも)私が世界中のアリーナをソールドアウトするのを見たでしょ?! 私たちは変わらない。でも、貝殻の中の小石から真珠を作ることができる。私たちは他人を変えることができる。そうすれば、彼らはいろんなタイプの美しさがあることに気づくわ」

ピンクは、インスピレーションを与えてくれてありがとうと、名前を挙げたアーティストたちへ感謝したあと、スピーチの最後で、会場にいた娘へ向け「私の愛する娘、あなたは美しい。あなたを愛してる」との言葉を贈った。

ピンクはこの日、夫ケアリー・ハート(モトクロスレーサー)とウィローちゃんと共に授賞式に出席。3人ともスーツ姿でレッドカーペットを歩いた。

Ako Suzuki