韓米両軍は北朝鮮が26日に発射した飛翔体は短距離弾道ミサイルの可能性が高いと分析している(聯合ニュースTV提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国軍の関係者は28日、北朝鮮が26日に発射した飛翔(ひしょう)体について、米国との共同分析の中間結果として、短距離弾道ミサイルの可能性が高いと明らかにした。

 韓国軍は飛翔体発射直後、最高高度や飛行距離、発射角度などから口径300ミリのロケット砲、または不詳の短距離飛翔体との見方を示していた。

 ミサイルの詳細については追加分析が必要とした。

 北朝鮮は26日午前、東部の江原道・旗対嶺付近から北東方向の東海に短距離の飛翔体3発を発射した。うち2発は約250キロを飛行し、1発は発射直後に爆発した。

 韓国青瓦台(大統領府)は発射当日、300ミリロケット砲と推定されると発表しており、事実上、青瓦台の発表を訂正したことになる。

 同関係者によると、飛翔体の最高高度は約50キロで、発射角度は通常と異なったという。発射角度を高くする高角発射ではない、低角度で発射したとみられる。

 韓国軍と米軍が飛翔体の発射兆候を事前にとらえていたかどうかについては、「韓米が綿密に監視していた」と述べた。