急な海外出張が決まったけど英語力に自信がない…そんなシーンはよく聞きますよね。では、もしあなたが英語をまったく読めない、喋れない社員だったら、上司はあなたを「もう一度」海外へ送ろうと思うでしょうか? メルマガ『金田博之のたった一行からはじめる超実践的【英語×ノート術】』の著者、金田博之さんは自身のメルマガで、英語がまったくできない部下の海外出張に対して厳しい「本音」を暴露。さらに、英語力に悩むサラリーマンのために、最速で英語を上達させるためのノート術を特別に公開しています。

英語ができなかったら「一発」で次の活躍のチャンスを失うことも

今、すごい勢いでグローバル化しています。英語の需要は増えていくばかりです。

せっかく自分に訪れたチャンスを、英語ができないという理由だけで逃してしまうことになるのです。

現在、私の事業部門でも部下に海外出張に行かせる機会をたくさん作っているのですが、ここで英語ができる人と、 できない人で出張の成果が大きく分かれます。

前職も現職もそうですが、海外出張を部下に打診するとメチャメチャ喜びます。

でも、現地でまともな会話もできず、報告もできず、 大恥をかいて、暗い顔をして帰国してくる人が多い。

で、そういう部下の話を聞くと「英語をもっと勉強しておけば良かった」、「これから死ぬ気で英語を勉強します」とほぼ必ず言ってきます。

その時は、「次はがんばってね」と気の利いた言葉を返してあげますが、現実は違います。

このメルマガでは 本音を言いますね。だって、普段そんな本音は言えませんから。

本人は悔しい思いをして敗者復活戦を狙ってきます。

でも、上司の立場からすると一度そんなレベルの低い成果を持ってきたら次の出張の機会は躊躇します。

コスト(予算)に見合ったリターン(成果)がないからです。

エコノミークラスで計算してざっくり往復25万〜40万。1日換算で5万〜8万。あとホテル代で1日に1万〜2万。それに日給分と日当。

せめてそれくらいのアウトプットは意識して頑張ってほしい。

その本人が次に行けたとしても、上司自らが同行するか、英語ができる人をその人に同行させるか、もっと無難な海外出張に回す。

その人しかできない仕事内容だったらやむを得ず通訳を用意する・・・

結局、本人にとっての「次」は想像以上に英語が話せない状況なのです。

ハードルはますます上がります。

つまり、海外出張をなめていたら、「一発」で次の活躍のチャンスを逃すこともあるのです。

前回のメルマガでお話ししましたが、私がしばらくそうでしたから(笑)。

※私自身がその経験者として、このメルマガの読者にはこうしたことにならない工夫を伝えていきます

「いつか英語ができればいいや」とダラダラ考えている人は、そのほとんどが英語で仕事をするチャンスを逃すでしょう。

「いつか英語ができるようになろう」って思って、 この「いつか」を漠然と考えている人が多い。

つまり「期限」を切って集中していない。

だから、突然出張の機会が来たらそのチャンスを逃してしまう。「チャンスの神は前髪しかない」のです。

〜チャンスの神は前髪しかない〜

カイロスの風貌の特徴として、頭髪が挙げられる。後代での彼の彫像は、前髪は長いが後頭部が禿げた美少年として表されており、「チャンスの神は前髪しかない」とは「好機はすぐに捉えなければ後から捉えることは出来ない」という意味。この諺はこの神に由来するものであると思われる。また、両足には翼が付いているとも言われている。(Wikipediaより)

実物のノートの紹介(日本語版)

私は、こうした海外出張(グローバル会議)での気づきを地道にノートにまとめ、そして「グローバル会議への心得」としてノートにポイントを整理しています(下記写真はその一部)。

まだ、このメルマガでノート術の中身に入っていませんので、今日は参考程度に思っておいてください。

※次号以降にいよいよノート術にふれます

このメルマガが進んで行く中で英語を使った仕事術について一つひとつ紹介していきます。

たとえば、箇条書き上から2つめのポイントの

海外の質問や意見の切り口に注目する

← 質問がするどい。彼らの経験に基づく

→ 思考のフレームワーク(FW)を得る

→ グローバルの経験を得る

は何を言っているかというと、

グローバル会議では、質問がとても「ロジカル」 です。そしてめちゃめちゃ「ストレート」。

日本みたいに回りくどい質問がないんです。

これは英語そのものの質問の構造(文法)が

Yes/ Noをはっきりさせる「クローズ質問」5W1Hで相手の意見を求める「オープン質問」

とはっきりしているからなんですよね。

日本ではYes/Noをはっきりさせたり、5W1Hを意識して質問することって少ないですよね?(少なくとも英語で話すときに比べて)

特に、「Why(なぜ?)」と「How(どうやって?)」の質問が海外は鋭い!

そこで、ノートに書いている

→ 「思考のFW(フレームワーク)を得る」

とは何を言っているかいうと、こうした「Why」や「How」を聞かれるパターンが決まっている 、と言っています。

例えば、「Why」はある課題に対してその「根本原因」を聞くときに必ず聞かれます。

こうした思考が 英語では 「5W1H」 という 英語が元々持つ 思考回路(フレームワーク)で頭の中に染み付いているのです。

このように、 英語を話すからこそ自然と出てくる「思考回路」というのがあります。

これを英語を通じて身につけることで個人のスキル向上にすごく効果があります!

例えば、 普段から5W1Hを意識しながら質問してみます。

これを意図して、「思考のフレームワーク」とノートで書いています(そのうち日本語で話しても、こうした思考回路になるんです!)。

例えば英語の文法についても同じことがいえます。それについては、こちらのコラムもご参考に。

● グローバル人材が「一言で伝える」3つの工夫

英語を身につけるとどんな思考フレームワークが身につくか、後日のメルマガ限定で紹介します。ピンとこなくても気にしないでください。

「グローバル会議の心得」 の中身については、その一つ一つを今後のメルマガで紹介していきますね!

出典元:まぐまぐニュース!