フランスW杯予選では負傷を抱えながら奮闘していた三浦知良【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

当初セントラル開催だったアジア予選。突然の変更でJOMOカップが…

 日本がW杯に初出場したのは98年フランス大会。それまではアジアの壁を超えることができず、また連続出場できているものの、楽に勝ち抜けた時はない。W杯に出場するのは並大抵のことではないのだ。18年ロシアW杯へ向け大一番を迎える今だからこそ過去の激戦を振り返りたい。今回は98年フランスW杯予選。あのジョホールバルの歓喜の時である。(取材・文:元川悦子)

----------

 98年フランス大会に初参戦して以来、5回連続でW杯に出場している日本代表。「もはやW杯出場は当たり前」と考えるサッカーファンも少なくない。だからこそ、今回の2018年ロシア大会の最終予選で苦戦を強いられる日本代表の戦いぶりに苛立ちを覚えるのだろう。

 とはいえ、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で日本勢が10年近くもタイトルから遠ざかっている通り、アジア諸国の成長は目覚ましいものがある。中東勢の躍進はもちろんのこと、格下のはずだった中国やタイも外国人指導者や選手の招聘によって、着実なレベルアップを遂げている。簡単にW杯に出られるという認識を根底から改めるべき時期に来ているのは間違いない。

 そこで今、我々が思い出すべきなのが、苦しみ抜いて本大会切符を手にした過去の最終予選である。とりわけ、初出場を果たした98年フランス大会の最終予選は、ホーム・日韓戦の逆転負け、加茂周(解説者)監督の解任と岡田武史(FC今治)監督の電撃昇格、自力2位の消滅、イランとの第3代表決定戦(ジョホールバルの歓喜)……と、数々の紆余曲折の末に出場権をつかむという奇跡的なものだった。原点回帰という意味で、20年前の壮絶な3ヶ月間を改めて振り返ってみる。

 フランス大会の最終予選が始まったのは97年9月7日。東京・国立競技場での初戦はウズベキスタンが相手だった。当初、この予選は10月にアジアの一都市でセントラル開催されるはずだったのだが、7月にアジアサッカー連盟(AFC)から「ホーム&アウェイ方式に変更する」といきなり通達があった。

 アジアの出場枠は3・5。5ヶ国ずつ2グループに分かれて8試合を行い、各組1位が本大会に出場。同2位はプレーオフで勝てば切符を獲得し、敗者はオセアニアとのプレーオフ(対オーストラリア)に回るという難易度の高さだった(この時のアジアの出場枠は3.5)。

 しかも、当時は現在のように国際Aマッチデーに試合をするのではなく、3ヶ月間にリーグ戦を中断して最終予選を行うという異例のスケジュール設定。9月に強化期間を設ける予定だった日本は急な予定変更に慌て、8月のJリーグ外国人選抜対Jリーグ日本人選抜のゲーム「JOMOカップ」を直前テストマッチにしたが、0-0と芳しい結果は得られなかった。

初戦上々も勝ち点伸びず加茂監督を更迭。未経験の岡田武史コーチを昇格させる博打に

 不安の募る船出となった日本だったが、初戦・ウズベキスタン戦はカズ(三浦知良=横浜FC)の4ゴールなどで6-3の勝利。守りの乱れこそ懸念されたものの、白星発進に加茂監督らスタッフも胸をなでおろした。

 続く9月19日のアウェイ・UAE戦(アブダビ)は「試合中に頭がボーっとして、逆に寒気がするほどの暑さだった」と名波浩(磐田監督)が述懐するほどの酷暑でのゲーム。それをスコアレスドローで乗り切ったのは日本にとって御の字で、ここまでは悪くない序盤だったと見られた。

 歯車が狂い始めたのは、9月28日の第3戦・韓国戦(東京・国立)。汗ばむような陽気の中、14時にキックオフされたこの試合は手堅い戦いで前半を0-0で折り返し、後半22分に山口素弘(解説者)の芸術的ループシュートが決まったところまではシナリオ通りだった。

 が、韓国がFWの切り札・金大義を投入した直後、加茂監督は日本国籍を取得してこの試合で代表デビューした呂比須ワグナー(新潟監督)を下げて秋田豊(現在は解説者)を投入。この守備的采配で日本の勢いが止まり、守りを混乱させる結果となった。

 そして徐正源(水原三星監督)と李敏成にゴールを奪われ、逆転負け。この敗戦を境に中田英寿と名波が報道陣に対して口を閉ざすようになるなど、チームにこれまでにない緊張感が漂った。

 1週間後の10月4日のアウェイ・カザフスタン戦(アルマトイ)で秋田の先制点でリードしながらラスト1分のところで追いつかれ、1-1のドローに終わったことで、日本サッカー協会幹部は監督交代を決断。岡田武史コーチを昇格させた。Jリーグはおろか、実業団でも指揮を執ったことのない指導者を抜擢するのは常軌を逸している。それでも日本は新たな一歩を踏み出すしかないほど追い込まれていた。

 岡田体制初陣となった10月11日のアウェイ・ウズベキスタン戦(タシケント)は中田や呂比須らここまでの主力を外し、森島寛晃(C大阪統括部長)と城彰二(解説者)を先発起用。

 彼らが攻撃陣を活性化させたがゴールが遠く、後半31分に失点してしまう苦境に陥った。しかし残り1分、後半から出場していた呂比須がロングボールをヘッド。これがDFのミスを誘って幸運な同点弾が生まれる。この1点がなければ、日本は敗退していた可能性もあった。

暴動が起きたホームのUAE戦。カズが絶不調に陥った知られざる理由

 実際、この時点で日本は勝ち点6の3位。1位・韓国は同13、2位・UAEも7を稼いでいて、自力2位もなくなっていた。日本の試合がなかった10月18日にUAEがカザフスタンに勝っていれば、絶望的な状況になるはずだったのだが、UAEはカザフスタンに0-3でまさかの敗戦。10月26日のUAEとの直接対決に勝てば2位再浮上というかすかな希望が見えてきた。

 それだけに、東京・国立でのUAE戦は極めて重要だった。チーム全体がその重要性を強く認識して挑み、開始3分には呂比須が豪快なシュートで先制。が、前半のうちに同点に追いつかれ、そのまま突き放せない。

 特にエース・カズの不調は深刻だった。実は9月の韓国戦で崔英一に徹底マークを受け、尾てい骨骨折のアクシデントに見舞われていたのだが、まだ情報が公になっておらず、彼は批判の矢面に立たされ続けた。

 結局、このUAE戦は1-1のドロー。試合後、スタジアムから出てきたカズが、正門前に陣取ったサポーターから「お前なんかやめちまえ、腹を切れ」と罵倒され、イスを投げつけられるという前代未聞の事件も起きた。

 当時を知らない人にしてみれば、日本代表の戦いに人々がここまで一喜一憂したこと自体、信じられないかもしれない。当時の選手たちが凄まじい重圧を感じながら世界への扉をこじ開けようとした事実を、我々は忘れるべきではないだろう。

 3位に沈んだままの日本とは対照的に、韓国はこの時点で1位通過が決定。11月1日のアウェイ・韓国戦(ソウル・蚕室)は彼らにとっては消化試合だった。だが、日本にとっては絶対に勝ち点3を手にしなければならない大一番に変わりはない。1万5000人もの大観衆が敵地に渡り、大声援を送った。

 試合はモチベーションの差が明白に出た。切迫感を前面に押し出す日本は開始3分、相馬直樹(町田監督)のクロスから名波が先制。後半37分には再び左の相馬の折り返しを呂比須がゴール。2-0とリードを広げた。

 後半に入ると韓国ペースになり、金度勲に度重なる決定機を作られる。そこで41歳だった青年監督・岡田は一歩も引かず、北澤豪(解説者)に代えて平野孝(解説者)を起用。「下がって守りたいのを我慢して前へ前へという意識を持たせるようにした」と加茂監督とは正反対の采配を見せた。これで日本は2ヶ月ぶりの勝利。ソウルで13年ぶりの白星を挙げ、やっと長く険しいトンネルを抜け出した。

伝説となったジョホールバルの一戦。功を奏したカズ・中山替え

 カズと呂比須が揃って出場停止となった11月8日のカザフスタン戦(東京・国立)では、代表復帰した中山雅史(沼津)と高木琢也(長崎監督)が爆発し、5-1で圧勝。最終的にUAEをかわして2位を奪回し、11月16日のイランとの第3代表決定戦に進んだ。

 ジョホールバルのラルキンスタジアムでの前日練習。イランはダエイと強力2トップを組むアジジが病院に直行。車いすでホテルに姿を現すという「異例の駆け引き」もあった。イラン側の陽動作戦に象徴される通り、1枚の切符を手にするために何でもありなのが最終予選なのだ。日本はそれに動じることなく試合に入り、カズと中山が2トップを結成。前半40分に中田のスルーパスを受けた中山が先制点を挙げた。

 しかし、後半1分、茶番劇を見せたアジジに同点弾を決められ、ダエイにも逆転ゴールを奪われた。そこで岡田監督は2トップの2枚代えを決断。これまで代表戦で一度も途中交代したことのなかったカズを下げ、城と呂比須を同時投入する。

 その城が2点目を叩き出し、試合は延長へ。そしてご存知の通り、日本の飛び道具・岡野雅行(鳥取GM)がゴールデンゴールを挙げ、日本はアジアの壁をついにこじ開けた……。

 この最終予選から言えることは、1つひとつの戦いで一喜一憂せず、最後の最後まで諦めずに戦い抜くことの重要性である。その過程では、監督交代や世代交代、ケガや環境の変化といったアクシデントはつきものだ。

 今の日本代表もケガ人続出や主力の不調、監督采配やコンディショニングの不安などさまざまな懸念材料を抱えているが、言い訳は許されない。問われるのは結果だけ。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も選手たちもそこだけに集中し、ラスト2戦を乗り切るべきだ。

▼98年フランスW杯アジア最終予選・日本代表の結果
・ウズベキスタン戦(ホーム):◯6-3
・UAE戦(アウェイ):△0-0
・韓国戦(ホーム):●1-2
・カザフスタン戦(アウェイ):△1-1、加茂周監督更迭。岡田武史コーチが監督に就任
・ウズベキスタン戦(アウェイ):△1-1
・UAE戦(ホーム):△1-1
・韓国戦(アウェイ):◯0-2
・カザフスタン戦(ホーム):◯5-1

▼アジア第3代表決定戦
・イラン戦(中立地):◯3-2、W杯出場決定

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子