かつての本田のライバルが新星ミランで躍動 衝撃の決勝FK弾、ファンも狂喜乱舞

写真拡大

FWスソが1得点1アシスト カリアリ戦2-1勝利の立役者に

 かつて本田圭佑のライバルと呼ばれた男は新生ミランでもエースとして輝きを放っている。

 ACミランのスペイン代表FWスソが27日のカリアリ戦で衝撃的な決勝FKを含む、1得点1アシストの活躍で2-1勝利の立役者になった。

 衝撃的な一撃だった。後半25分、敵陣右でゴールまで約20メートルの距離で迎えた直接FKのチャンスでレフティーが見せる。左足を一閃すると美しい放物線を描いた弾丸はゴール右隅に突き刺さった。スソが決勝弾を決めると、スタンドは狂喜乱舞のお祭り騒ぎが巻き起こった。

 前半10分には先制アシストもマーク。右サイドを突破したスソはマーカーをフェイントでかわすと、左足でクロスを供給。これを19歳のFWパトリック・クトローネが右足でワンタッチゴールを決めた。

 リーグ戦で開幕2試合連続ゴールと活躍し、中国人オーナーが選手11人を補強した新生ミランでもエースに君臨する。この日もイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、MFリッカルド・モントリーボとともに、昨季の在籍メンバーで先発出場を果たした三人のうちの一人となった。

 ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は、昨季ベティス移籍の可能性のあったスソをミランに残留させた。レギュラーだった本田を外し、右ウイングに抜擢。怪我でもなければ外そうとせず、ミランの攻撃の大半はスソの突破が起点だった。そして強力レフティーに対する信頼は今季も増すばかりだ。

指揮官も「偉大な選手」と絶対留意を明言

「スソはとても重要だ。クラブの誰からも称賛されている。首脳陣、コーチンングスタッフもそうだ。彼はマーケットに出されたことは一度もない。偉大な選手なんだ」

 地元テレビ局「メディアセット・プレミアム」でモンテッラ監督はこう語った。ドルトムントなどが獲得に乗り出すと報じられているレフティーを絶賛し、絶対慰留を明言した。

 スソは2015年1月にミランに4年半契約で完全移籍。しかし16年1月、本田とのレギュラー争いで出場機会を手にできず、ジェノアに半年間のレンタル移籍で武者修行に出さされていた。そこでリーグ6ゴール2アシストと結果を残し、2016-17シーズンに古巣復帰して現在の飛躍へとつなげている。

 8月25日にロシア・ワールドカップ欧州予選に臨むスペイン代表に念願の初選出を果たし、スソの才能は輝きを増している。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images