小学生が110本もの縄を跳ぶ! ギネスが公開した「中国の縄跳び映像」が壮大すぎてヤバい

写真拡大

あっと驚くものから、思わず笑ってしまうものまで、様々な世界記録を収集・認定している組織「ギネスワールドレコーズ」。そんなギネスの公式 YouTube チャンネルで、とある“縄跳び” の記録達成時の動画が公開され、注目を浴びている。

2011年に撮影されたという動画で見られるのは、驚異的な本数の縄を同時に跳ぶ壮大なスケールの縄跳びだ。放射状に広がった超ワイドな縄を跳ぶその様子を、ぜひご覧いただきたい。

・跳んだ縄の本数で世界記録を達成

ギネスのホームページによると、動画は中国の北京で撮影されたもの。110本以上の縄を跳ぶ世界記録を達成した時のもようだという。なお、小学生の少女・ワンさんが縄を跳び、同級生が縄を振ったとのこと。

冒頭でもお伝えした通り、注目すべきはその壮大なスケールだ。動画では、大勢の小学生がワンさんの両サイドに並び、放射状に交差させた縄を振る様子が見られる。縄の本数もさることながら、まるで巨大なハンモックのような縄の束には驚くしかない。

・全員で手にした栄冠

そしてワンさんがハンモックのような縄を跳んでいくのだが、叩き出した回数も112回と圧巻。また、完全にシンクロして縄を振る同級生のチームワークも見逃せない。これは全員で手にしたギネス記録と言えよう。

ちなみに、以前の最多記録は90本で、2010年に同じく中国の小学生らが達成したのだそう。さすが広大な土地と世界最多の人口を誇る中国。縄跳びのスケールもハンパなものではないようだ。今後の更なる記録更新に期待したい。

参照元:YouTube、Guinness World Records
執筆:K.ナガハシ

この記事の動画を見る