トップランカーに欠場者が相次ぐ中、ナダルとフェデラーは準決勝で激突の可能性

 男子テニスのグランドスラム今季最終戦、全米オープンは28日に開幕する。トップランカーに欠場者が続出している今大会の注目はやはり、世界ランキング1位のラファエル・ナダル(スペイン)と同3位のロジャー・フェデラー(スイス)だ。組み合わせのドローが決まり、両者は準決勝で激突する可能性があるが、ナダルは思わず“本心”をこぼしている。米紙「ワシントン・ポスト」が報じた。

 厳しい日程と蓄積する疲労の影響で、前年王者の世界ランク4位スタン・ワウリンカ(スイス)のほか、右肘負傷の同5位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、右手首負傷の世界ランク10位・錦織圭(日清食品)、左手首負傷の同11位ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)がすでに欠場を発表。大会直前にはアンディ・マレー(英国)も臀部の故障で棄権の決断を下し、世界ランクのトップ11のうち、5選手が欠場するという異常事態となっている。

 2017年の男子テニス界を牽引するナダルとフェデラーは優勝候補として出場するが、興味深いのはその組み合わせだ。同紙によれば、全米オープンで両者の対戦は実現したことはなく、順調に勝ち上がれば夢のマッチアップが実現すると触れている。記事では、ナダルが「取るべきポイントと試合は多くあるので、今はそれ(準決勝)について考える状況ではないよ」と報道陣にくぎを刺しつつも、次のように展望を語っている。

両者のいずれかが全米OPを制せば、今年のグランドスラムは2人が総なめ

「もし僕が準決勝に進出したら(フェデラーと対戦するのを)好まないね。もし可能だったら、少し簡単な選手と対戦したいよ。明らかにそちらの方がいいだろう、違うかい? 素晴らしいことなのは承知しているが、それでも本心を伝えるならば、他の選手との対戦を望んでいるということだ。もちろん、皆さんが他の意味を聞きたいだろうというのは分かってるよ。彼とプレーすることは愛すべきことだ。もちろん僕らにとって素晴らしい歴史になることは理解している。ロジャーと準決勝で戦うなら素晴らしいことになると思うし。ただ、今言えることは、僕らにはやるべきことが多いんだ」

 記事では、対するフェデラーのコメントも紹介。「前年度王者とファイナリスト(ワウリンカとジョコビッチ)が今大会に出ないとは思っていなかったし、アンディ(マレー)も今年苦しんでいた。ラファと僕がフォームを取り戻すと予想した人はいたかもしれないが、ここまで良いものが出るとは思った人も少ないのではないか」と話したという。

 ふたりのいずれかが全米オープンを制覇すれば、2017年のグランドスラムはナダルとフェデラーが総なめすることになる。全米での初対決の可能性を含めて、今大会で最も注目を集めるのはやはり両ベテランとなりそうだ。