野球を観戦中、観客席にファウルボールやホームランボールが飛び込んで来ることがあります。

ファンにとって、選手が打ったボールはお宝。グローブを持参し、キャッチしようと試みる観客も少なくありません。

しかし時として、トラブルの元になることも…。

※写真はイメージ

2017年8月21日に行われた、テキサス・レンジャーズ 対 シカゴ・ホワイトソックス戦での出来事です。

観客席に入ったファウルボールに向かって、我先にと駆け寄るファンの姿をカメラが映し出しました。

幸運にもボールをゲットしたのは、ホワイトソックスファンの少年。しかし、1人の女性が彼の手から強引にボールを奪い取ってしまったのです!

選手が打ったボールを欲しいと望むのは、野球ファンであれば当然です。しかし、奪ってまで手に入れるのは褒められた行為ではありません。

突然の出来事に、少年はもちろん、周りにいた観客も呆然。実況中の解説者も「なんてことだ」と驚きを隠せない様子。

しかしその後、さらに周囲を驚かせる展開が待っていました!

少年の前に現れたのは、球団役員のブルックス・ボイヤー。サプライズでボールをプレゼントする、神対応を見せてくれたのです!

少年だけでなく、ほかの観客のやるせない思いも救ったといえる、今回の対応。ネット上には、球団を称賛するコメントが多数寄せられています。

素晴らしい!球団関係者が直々に現れたというのも素晴らしい。本当によかった。この少年が野球を嫌いにならずに済む。大人として恥ずかしいね。譲り合う精神を忘れてしまったのだろうか。

アメリカで野球が強い人気を誇っているのは、ファンを大切に思う球団の存在も関係しているのかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]