江原道江陵市の水田に描かれた田んぼアート。同道で来年開催される平昌冬季五輪・パラリンピックのマスコット、スホラン(左)とバンダビがくっきりと浮かび上がっている(江陵市提供)=9日、江陵(聯合ニュース)
(END)
【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)は28日、2018年平昌冬季五輪を記念して11月17日に銀行券(紙幣)を発行すると発表した。記念紙幣の額面価格は2000ウォン(195円)で、発行枚数は230万枚。これまで大きな行事の際に記念硬貨が作られたことはあったが、紙幣の発行は初めてだ。

 平昌冬季五輪組織委員会が韓国銀行に記念紙幣の発行を要請し、そのための「平昌冬季五輪特別法改正案」が昨年5月に国会を通過した。

 記念紙幣の表には、冬季五輪で行われるスピードスケート、アイスホッケー、カーリング、バイアスロン、ボブスレー、スキージャンプ、リュージュの図案があしらわれる。

 裏面には朝鮮王朝時代後期の画家、金弘道(キム・ホンド)の「松下猛虎図」を素材に、虎と松が描かれる。