北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長(イメージ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の文尚均(ムン・サンギュン)報道官は28日の定例会見で、北朝鮮が26日に発射した飛翔体について、「改良した300ミリのロケット砲、または弾道ミサイルなど、いろいろな可能性について分析している」と明らかにした。

 同飛翔体について、韓国軍合同参謀本部は「不詳の発射体」とし、韓国青瓦台(大統領府)は「改良した300ミリロケット砲と推定される」と発表。米太平洋軍司令部は「弾道ミサイル」とし、異なる見方を示した。

 文報道官は青瓦台が300ミリロケット砲と発表したことに関して、「『推定する』とし、詳細は分析中と発表した」と説明した。