犬がおうちの壁や柱をかじる3つの理由とは?

ワンちゃんが、壁や柱をかじってしまう。という行動にはしっかりと原因と理由があります。
たまに意味のない行動をとるところがかわいいワンちゃんたちですが、これに関しては違います。
なので、頭ごなしに怒っても解決することは少ないでしょう。
それでは、まずは大きく分けて3つの理由から見てみましょう!

犬が壁や柱をかじってしまう理由,ゆい

(子犬の場合)歯が生え変わる時期が定期的にあるため、かゆくて固いものをかじって落ち着かせているパターンです。
これは、人間の赤ちゃんも同じですね。
かゆくてかゆくて、でもかけないので少し硬いおしゃぶりやおもちゃを噛んでかゆみをやわらげたりするのです。

犬が壁や柱をかじってしまう理由△箸砲く暇

(成犬・子犬ともに)とにかく、暇な時です。何か、遊ぶおもちゃがないかな、時間をつぶせる面白いことはないかなと。
暇だから遊びの一つとして壁や柱などを噛んでいるということもあるのです。

犬が壁や柱をかじってしまう理由K槐修砲茲襯好肇譽

(成犬の場合)既に歯は生えそろっているので、生え変わりのかゆみということは起こりえません。その為、成犬の場合は見極めが少し難しくもあります。
犬はもともと、外で飼われ、犬種によっては番犬や、狩り等各々に仕事があり、本能的に自分の役割を覚えている場合があります。その為、お家の中でゆっくり過ごして、寝て起きて、たまにお散歩に行って、また寝るという生活に心地よさも感じつつも、ストレスを感じている可能性もあるのです。この場合が一番難しく飼い主としての対応も大変になると思います。

犬が家の柱や壁をかじるときの対処法とは

では、その3つの理由に対して飼い主の我々はどう対処をするべきなのでしょうか。。。?
ひとつずつ見ていきましょう。

対処法

子犬の、歯が生え変わりの時期で痒さを和らげるために固いものを噛んでいる場合。

→ 時期が過ぎれば、この行為はなくなるはずです。ただ、犬によって頻度や期間も異なります。例えば、壁や柱に代わる少し硬めのおもちゃやガムボーン等を渡してあげてみて下さい。
ぬいぐるみやボールといったおもちゃも、もちろん楽しいアイテムですが、この場合は固さが足りません。ワンちゃん達がしっかりカミカミできるようなアイテムを上げてください。

対処法

成犬・子犬にかかわらずとにかく暇で遊べることを探している場合。

→ この場合は、とにかくかまって遊んであげてください。1人でつまらないな、、、さみしいな、、、という気分だと思います。
遊ぶだけでなく、なでてあげたり、話しかけてあげてください。コミュニケーションをとることで、ワンちゃん達の、つまらないなー、、、さみしいなー、、というネガティヴな心は少し明るくなるはずです。

対処法

本能によるストレスがある場合。

→ 特に、狩猟犬や番犬などとして生きてきている犬種は起こりやすいようです。
何か獲物を追いかけるために走りたい!穴の中に餌があるから穴を掘りたい!
仲間を呼ぶために大きな声で吠えたい!などなど。
とうてい難しいことばかりですが、この本能が彼らの一番のストレスになることもあるそうです。その場合は、思いっきり走れる公園やドッグランなどに連れ出してあげてください。
狩猟をしている気分やイメージだけでもストレスから少しずつ解放されると思います。

まとめ

子犬の頃のように、歯の生え変わりという時期であればいいのですが、かまってほしいよ。。とストレスにつながる場合は要注意ですね!
ダメダメ!と叱るばかりでなく、しっかりワンちゃんたちの今を理解して対処してあげることが大切ですね。
もちろん、全てを理解してあげることはとても大変です。
かかりつけの獣医さんや、わんちゃん好きのネットワークなど、情報を得たり勉強できる場所はたくさんある時代です。ワンちゃんたちに寄り添って、楽しい生活を一緒に送っていきましょう!