PSGへの移籍が間近となっているFWキリアン・ムバッペ【写真:Getty Images】

写真拡大

 パリ・サンジェルマン(以下PSG)への移籍が決定的と伝えられているモナコのフランス代表FWキリアン・ムバッペに新たな障壁が立ちはだかっている。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

 今季バルセロナからFWネイマールを2億2200万ユーロ(約290億円)で獲得するなど、多くの資金を投資してきたPSGだが、現在はFIFAが定めるファイナンシャルフェアプレー(FFP)に抵触する恐れがある。そこで、あくまでも規定違反を避ける方向で交渉を進めているPSGは、元々1億8000万ユーロ(約234億円)で獲得しようとしていた同選手を、現在は1年のレンタル移籍で獲得しようとしているようだ。

 一方、FIFAの副会長アレクサンデル・チェフェリンは「私はこの件を真剣に検討している」と厳格な態度を示している。

 クラブ間、選手個人との交渉ともに合意に至っているムバッペのPSGへの移籍は莫大な金額の移動を伴うだけに、確かにレンタル移籍がちょうどいい妥協案であるのかもしれない。

text by 編集部