逆転勝利のジュビロ磐田、ゴール後の「抱擁」が団結力を感じさせる

写真拡大 (全3枚)

先週末に行われたJ1第24節。

ジュビロ磐田はホームにヴィッセル神戸を迎え、ルーカス・ポドルスキに先制ゴールを許しながらも2-1で逆転することに成功した。

そんなこのゲームで、 決勝ゴールを沈めたのは在籍通算10シーズン目の松浦拓弥。

華麗なフリーキックで神戸ゴールを陥れたのだが、その直後のシーンが話題だ。

※03:26から

フリーキックを直接突き刺した松浦は、一目散に磐田のベンチ前へ!すると名波浩監督やチームスタッフと抱き合い、そこに他の選手たちもやって来て大きな「輪」になっていた。

この試合ではアダイウトンのシュートが渡部博文のハンドでノーゴールになるという、磐田にとっては受け入れ難い判定もあった。それゆえ、松浦としても途中出場での起用に応えたかったはず。

中村俊輔は磐田加入時、「得点後に選手と監督が一緒になって喜ぶ磐田のようなチームはない」と述べていたが、まさに磐田の団結力を感じさせるようなシーンであった。

試合後、名波浩監督は「こういうゲームを逆転で、しかも(中村)俊輔がいないゲームでFKが決勝点。これほど痛快なことはないですし、国際Aマッチデーの2週間、また気持ちよく過ごせます」とコメント。

また、「こんな展開になったので、絶対に負けたくないという気持ちをベンチ、上で見ている選手たち、もちろん俊輔も感じてくれたと思う」と続けている。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています