マルセイユ、王者モナコに6失点惨敗…酒井宏はフル出場、PK与える

写真拡大

 リーグ・アン第4節が27日に行われ、モナコと日本代表DF酒井宏樹のマルセイユが対戦した。酒井は先発メンバーに名を連ねた。

 開幕3連勝を飾った王者モナコは、ファビーニョやジョアン・モウティーニョ、3試合で5ゴールを挙げているラダメル・ファルカオらが先発出場。去就に注目が集まるキリアン・ムバペはベンチスタートだった。一方のマルセイユは酒井の他、ルイス・グスタヴォらが先発出場した。

 スコアは開始早々の2分に動いた。敵陣中ほど、左サイドのタッチライン際で得たFKに反応したモナコのカミル・グリクがファーサイドで右足ボレーを決めた。さらに20分にはペナルティーエリア右側へドリブルで進出したファビーニョが倒され、PKを獲得。ファルカオがゴール左隅へ決めてリードを広げた。

 攻撃の手を緩めないモナコは34分、右サイドで得たFKからこぼれ球に反応したファルカオがダイビングヘッド。相手GKの手を弾いてゴールへ吸い込まれ、スコアは3−0となった。

 モナコは前半終了間際にも、マルコス・ロペスがペナルティーエリア右奥までドリブルで持ち込み、グラウンダーのクロス。詰めていたアダマ・ディアカビが押し込んで4点目を奪った。

 4−0で迎えた後半も、モナコは攻勢をかける。68分には右サイドからのクロスから、こぼれ球に詰めたジブリル・シディベがダイビングヘッドを決めて5点目。74分にマルセイユのレミ・カベッラに1点を返されたものの、79分にゴールラッシュを締めくくった。ペナルティーエリア左側を縦へ突破したジョルジを酒井が倒し、PKに。ファビーニョが決めて、6−1と突き放した。

 試合は6−1で終了。モナコがゴールラッシュで圧勝し、開幕4連勝を果たした。次節は9月9日、ニースとのアウェイゲームに臨む。そして惨敗のマルセイユは9月10日、レンヌをホームに迎える。

【スコア】
モナコ 6−1 マルセイユ

【得点者】
1−0 2分 カミル・グリク(モナコ)
2−0 20分 ラダメル・ファルカオ(PK)(モナコ)
3−0 34分 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
4−0 45分 アダマ・ディアカビ(モナコ)
5−0 68分 ジブリル・シディベ(モナコ)
5−1 74分 レミ・カベッラ(マルセイユ)
6−1 79分 ファビーニョ(PK)(モナコ)