画像

写真拡大 (全2枚)

 博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂DYデジタル、DACの3社は、広告主企業のアドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティへの対応を支援する「Hakuhodo DY MQM_」をリリースした。

 博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂DYデジタル、DACの3社は、デジタル広告の透明性や品質に関わる3つの重要課題、アドフラウド、ブランドセーフティ、ビューアビリティに対して全方位で対応する「Hakuhodo DY MQM_」の提供を開始した。

 同サービスは、PMPやRTBなど複雑化したデジタル広告の買い付け手法と、広告配信のタイミング(Pre/Post)ごとに適切な対応をマトリクス形式で体系化している。広告主企業は同サービスを活用することで、デジタル広告の出稿における透明性や品質に関わる現状を簡潔に把握でき、対応すべき領域とその解決策を導き出すことができる。

 また、DACが独自に開発したブランドセーフティ、ビューアビリティに対応するソリューション「XmediaOne」を最大限に活用した対応や、さらには広告主企業の要件や課題に応じて適切な第三者テクノロジーを使い分けることも可能で、独自性と柔軟性の双方を兼ね備えている。

 今回提供を開始するサービスにおいて、博報堂DYメディアパートナーズと博報堂DYデジタルは広告主企業によるデジタルを活用したブランディングの効果的なプラニングを追求し、DACは媒体社との広告商品の開発やコンサルティング領域を担当する。

 今後、同サービスを起点に、広告の透明性・品質が与えるブランディング指標への影響度の解明、マスメディアと統合したデジタル広告のリーチを起点としたプラニングメソッドの確立、ビューアビリティを考慮した広告商品の開発などを予定している。

MarkeZine編集部[著]