奥原希望【写真:Getty Images】

写真拡大

五輪三連覇を果たしているレスリングの吉田沙保里もツイッターで称賛

 バドミントンの世界選手権(グラスゴー)は27日、女子シングルス決勝で世界ランキング12位の奥原希望(日本ユニシス)が同4位のシンドゥ・プサルラ(インド)を21-19、20-22、22-20で下し、悲願の金メダルを獲得。日本史上初の同種目制覇を成し遂げた22歳に対し、バドミントン界のOBや一流アスリートも「本当に感動した」「おめでとう、凄い!!」などと反応を見せている。

 日本バドミントン界の歴史を塗り替えた世紀の一戦は、ファンのみならず、アスリートにとっても高い注目度を誇っていたようだ。試合終了後、続々とツイッターで称賛の声が上がった。

 元女子バドミントン選手の小椋久美子氏は、「奥原選手! 金メダルおめでとうー!!最後まで良く走り抜いた。あの精神力。本当に感動しました」と女子シングルス史上2番目に長い1時間50分に及ぶ激闘を制したプレーに感嘆。潮田玲子氏とダブルスペアを組み、「オグシオ」として、全日本総合選手権5連覇、北京オリンピック5位入賞を果たした“大先輩”でも、その衝撃は大きかったようだ。

 女子レスリング選手の吉田沙保里は「おめでとう。凄い!」と笑顔とグッドサインの絵文字付きで投稿。五輪三連覇を果たしている“霊長類最強女子”も快挙を称賛している。

ファンからも温かい声「思わず感動して泣いた」「最後素敵な笑顔でした」

 さらに、国際オリンピック委員会(IOC)が運営するインターネット動画サービス「オリンピック・チャンネル」も公式ツイッターで、「なんて戦いなんだ! リオの銅メダリスト、ノゾミ・オクハラ、おめでとう!」と日本オリンピック委員会(JOC)のアカウント付きでメッセージを綴った。

 試合直後の涙から一転、表彰式で満面の笑顔を見せた奥原も公式ツイッターを更新。「やりましたーーー! キツすぎて最後楽しかった。でもこれは歴代2位の長さです笑」と試合を振り返り、「日本は夜中でしたが、応援ありがとうございました。そしてたくさんの温かいメッセージもありがとうございます!全部返せませんが、いつも読んでパワーをもらっています」と感謝の言葉を綴った。ファンからは「決まった瞬間は思わず感動して泣きました」「最後素敵な笑顔でした」といった温かい声が寄せられている。

 ファンのみならず、同じアスリート、関係者にとっても、奥原の世界選手権Vは心に刻まれたようだ。