日本代表に招集されたセレッソ大阪の杉本健勇【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

エースストライカーが背負う十字架の重さ

 勝てば6大会連続6度目のワールドカップ出場が決まる、31日のオーストラリア代表とのアジア最終予選第9戦(埼玉スタジアム)へ向けて、ハリルジャパンが27日に埼玉県内で始動した。27人の代表メンバーのなかで唯一の初招集となるセレッソ大阪の大型ストライカー・杉本健勇(24)は、0‐1で苦杯をなめた26日夜の鹿島アントラーズとの首位攻防戦で募らせた悔しさを起爆剤にして、いままさに進化を遂げている心技体をさらにスケールアップさせていく。(取材・文:藤江直人)

----------

 ゴールを決めるか、決められないか。自身のパフォーマンスや結果が、そのままチームの勝敗にも直結する。エースストライカーが背負う十字架の重さをあらためて噛みしめながら、杉本健勇はモードをセレッソ大阪から日本代表へと切り替えた。

 27日から埼玉県内でスタートした日本代表合宿。初めて招集された24歳の成長株は心地よい高揚感と、どことなくモヤモヤした思いを胸中に同居させながら初日のメニューを終えた。

 悔しさにも置き換えられる後者の感情をたどっていくと、首位の鹿島アントラーズをホームのヤンマースタジアム長居に迎えた、前夜の26日に行われた明治安田生命J1リーグ第24節に行き着く。

 勝てば勝ち点が1ポイント差に縮まり、負ければ7ポイントに広がる首位攻防戦。杉本は前半17分、後半31分、そして37分と3度訪れた決定機をものにすることができなかった。

 セレッソも13本のシュートを放ちながら無得点に終わる。踏ん張っていた守備陣も後半43分、MFレアンドロにゴールネットを揺らされる。この時点で2位から4位に後退。首位の背中が遠のいた。

「非常に悔しい試合でした。前の選手が点を取らないと勝てない世界なので。後ろが本当にハードワークしてくれていたので、かなり申し訳ないですけど……」

 一敗地にまみれた。昨シーズンの二冠王者がもつ勝負強さを思い知らされた。それでも、大きな爪痕も残した。アントラーズのディフェンスリーダー、日本代表の昌子源は試合後にこんな言葉を漏らしている。

「やっぱりすごい相手だな、とあらためて感じました」

鹿島・昌子が語った杉本の脅威

 同じ1992年生まれのプラチナ世代で、J1の得点ランキングで2位につける、キャリアハイの14ゴールをあげている杉本のプレッシャーに何度も失点を覚悟した。最たるシーンが前半17分だった。

 ハーフウェイライン付近から左サイドバック・丸橋祐介が出したロングパスに、武器のひとつであるスピードを生かした杉本が抜け出す。ともに代表に選出された植田直通を制して、昌子がマークに当たった。

 左サイドからペナルティーエリア内に侵入した杉本は、次の瞬間、鮮やかな切り返しから右足でボールをもつ。中盤の左サイドでもプレーした、J2を戦った昨シーズンに身につけた十八番の得点パターンだ。

 昌子も右足で踏ん張り、必死に体勢を整える。そのとき、右ひざに限界を超える負荷がかかったのか。危険を察知した昌子は、左足を伸ばしてシュートをブロックすることをとっさに観念した。

「ひざが危なかった。あれでブロックにいったら半月板をやっていて、多分、僕は終わっていました。本当に申し訳ないけど、ソガさん、頼みますという感じで」

 祈りは通じる。杉本の右足から放たれた強烈な一撃は、ソガさんこと38歳の守護神、曽ヶ端準のファインセーブに弾き返される。思わず天を仰いだ「9番」は、コースが甘かったと試合後に自らを責めた。

「ひとつ(昌子を)かわして、本当に5センチ、10センチの差だったと思うんですけど、ほんのちょっとのところの精度というものを、もっともっと上げていかないと」

 杉本のなかで進化を続ける心技体の「技」が、この切り返しに凝縮されていた。ならば「体」は、何度も勝利を収めた空中戦で王者を畏怖させていた。昌子の言葉が杉本の脅威を物語っている。

「競り合いでは基本的にナオ(植田直通)のほうへ行っていて、僕自身がやる機会はあまりなかったんですけど。ただ、ヘディングで競り合うタイミングひとつを取っても、ナオがあそこまで苦戦するのを、僕はほとんど見たことがないので」

 186センチ、79キロの植田に対して、杉本は187センチ、79キロ。前後半で9本を数えたセレッソのコーナーキックでは植田が杉本をマークしたなかで、後半31分には冷や汗をかかされた。

責任を背負った行動と言動。チームに与える影響力

 丸橋が蹴った右コーナーキック。植田のマークを巧みに外してニアサイドにポジションを移した杉本が、高い打点から見舞った強烈なヘディング弾は、またもや曽ヶ端のスーパーセーブにあった。

 地上戦でも、50メートル走で6秒を切る韋駄天ぶりでカウンターの一翼を担った。後半37分には右サイドを抜け出したFWリカルド・サントスをフォロー。折り返しに右足を合わせたが、今度は曽ヶ端の正面へ飛んでしまった。

 このとき、必死に追走した末に、最後はスライディングでシュートブロックに飛び込んで少なからずプレッシャーを与えた昌子は、試合後に偽らざる思いを漏らしてもいる。

「90分間を通してカウンターばかりだったというか。僕とナオとでしか守っていない気がしてしんどかった。マジでしんどかった。今日に関しては、5失点くらいしていてもおかしくなかった」

 テクニックと身体能力の高さだけではない。昨シーズンはチーム統括部長と監督を兼任し、今シーズンからは前者に専念している大熊清氏は、杉本の「心」の急成長にも目を細める。

「言動や立ち居振る舞いを介して、チームにも影響力を与えるようになってきた。責任をもって、周囲に自分の考えを発するようになりましたよね」

 アントラーズ戦後に自分を責める言葉を残している杉本だが、実は続きがある。

「前が決められへんかったから(負けた)、と言えばそれで終わってしまうこと。難しいけど、それだけじゃない。もちろん前が決めないといけないけど、すべて前が悪いとは僕には思えない。誰が悪いということではないけど、後ろも最後まで耐える力というものを、このチームはつけていかないといけない」

 主導権を握っていた時間帯から、アントラーズには一発のカウンターがあるとお互いに言い合ってきた。それでも決勝点の場面では、縦への速い攻撃に横への揺さぶりも加えられて完全に崩された。

 左から右へサイドを変えられ、右タッチライン際に開いたFW金崎夢生に縦パスを通された。チーム全体の意識が金崎のいるサイドに傾き、ファーサイドにいたレアンドロをフリーにしてしまった。

 聞きようによっては、守備陣が不快な思いをするかもしれない。余計な軋轢を生じさせるかもしれない。それでも、鉄は熱いうちに打て、とばかりに歯に衣着せぬ言葉で露呈した問題点を伝える。

 チーム全体がもっと成長するためにも、なあなあでは済ませたくない――とも映る姿勢は、ジュニアユースから育てられてきた、愛着深いセレッソに注がれる熱い思いと表裏一体でもある。

気になる海外移籍の動向。正式なオファーは?

 ヨーロッパの移籍市場が開いてから、幾度となくリーガ・エスパニョーラ1部のジローナへの移籍が取りざたされてきた。しかし、大熊チーム統括部長によれば、正式なオファーは届いていないという。

「何をもってオファーなのか、というところもありますけど、紙という形では来ていないので、我々が机上に載せて議論するまでには(至っていない)、という状況です」

 選手ならば誰でも、より高いレベルでプレーする環境を望む。杉本の場合はヨーロッパの舞台へのチャレンジとなるが、今月末で移籍市場が閉じる今夏においてはそのタイミングにないと判断しているのだろう。

 何よりもセレッソがJ1で上位戦線につけるだけではなく、YBCルヴァンカップは準々決勝、天皇杯では4回戦に勝ち残っている。いまだ無縁のタイトルを、手にできるチャンスが残されている。

「次の試合で借りを返したい。セレッソはYBCルヴァンカップを戦い、僕は代表に行くので舞台は違いますけど、次の試合にいまのこの悔しい気持ちをぶつけたい。リーグ戦はもう負けられないし、残り10試合を全勝するくらいの気持ちに切り替えてやっていきたい」

 浦和レッズとベスト4を争う準々決勝は、代表招集期間中の30日と9月3日に行われる。セレッソの勝利を信じて、日の丸を背負った戦いに臨む。お互いに最高の結果を出して、もちろん9月以降も一緒に戦いたい――自分自身とセレッソへのエールにも聞こえる、杉本流の決意表明でもあった。

 さあ、いよいよ幕を開けた、憧れ続けてきたA代表でのチャレンジ。胸を借りる、あるいはいい経験をする、といった類の感情はもちろんもち合わせていない。

「ほとんど初めての選手だからといって、気を使っている場合じゃない」

 勝てば6大会連続のワールドカップ出場が決まる、31日のオーストラリア代表との大一番へ。アントラーズ戦で痛感させられた、ゴールを決めるか、決められないかの差は、杉本のなかでさらにスケールアップされた選択肢と化している。

「言葉がちょっと選びづらいですけど、ホンマに生きるか死ぬかというか、天国か地獄か、というくらいの勝負だと思っているので。周囲とのコンビネーションがああだ、こうだと言っている暇もないですし、何よりも自信がなかったら代表を辞退したほうがいいんじゃないかと。

 ワールドカップに行けるか、行かれへんかという戦いに、ほとんど初めての選手だからといって、気を使っている場合じゃない。自分からもしっかり要求したいし、上手くコミュニケーションを取りながら試合に出られるようにアピールしたいし、チャンスがあればゴールを決めたい」

 恵まれたサイズに強さ、テクニック、そしてスピードを同居させる稀有なアタッカーとして、日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は2年以上も前から杉本を追跡してきた。

 いわば秘蔵っ子を、満を持して招集した今回の決戦シリーズ。手元に置いて立ち居振る舞いなどを見ていくなかで、杉本のなかに脈打つ強い心が指揮官に伝われば、今後へ向けた可能性はさらに広がる。

 2010年のワールドアップ・南アフリカ大会でベスト16に進出した岡田ジャパンで、コーチを務めた大熊チーム統括部長は「彼には代表に入ってほしかった」と、目を細めながら杉本へエールを送る。

「選ばれた選手たちの責任感や独特の空気、さらには相手の迫力や執念を、テレビを通して見るのと間近で見るのとは全然違うし、ましてや実際にプレーできるとなるとさらに違ってくる。代表でいろいろなものを吸収して、結果も出して、さらに力をつけて自分の夢というものに向き合っていってほしい」

 日本中が注目するオーストラリア戦。そして、敵地に舞台を変えたサウジアラビア戦。杉本を待つ未知なる戦いは、心技体が進化するスピードをさらに加速させ、周囲に対してさらに大きな影響力を与えるオーラをも身にまとわせる究極の触媒となる。

(取材・文:藤江直人)

text by 藤江直人