ラカゼットは安かった…ヴェンゲル監督、「バーゲン」で買えた秘訣とは

写真拡大

『Daily Star』は27日、「アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、アレクサンドル・ラカゼットの価格は安かったと認めた」と報じた。

今夏のマーケットでリヨンからラカゼットを獲得したアーセナル。その額は5270万ポンド(およそ74.3億円)となり、クラブの歴史上最高額の取引となった。

かなり高額だという話も出たが、マーケットはその後うなぎのぼりに高騰。ネイマールが2億2200万ユーロ(およそ286.1億円)で移籍し、さらにウスマヌ・デンベレが1億500万ユーロ(およそ135.3億円)+40%のボーナスで取引された。

さらにPSGはキリアン・エンバッペを1億5000万ユーロ(およそ193.3億円)以上で獲得しようとしていると言われており、選手の価値が急速に上がっている。

ヴェンゲル監督はその動きについて以下のように話し、選手を買うときにはタイミングが最も重要になると語った。

アーセン・ヴェンゲル

(今のマーケットを思えば、アレクサンドル・ラカゼットは安かった?)

「それは私も同意したいところだ。こういうものは時にタイミングに依存する。

インフレーションは移籍マーケットにおいて非常に早く進む。選手を買うタイミングが非常に重要になるのだ。

我々は既に昨年それを経験した。したがって、知っている選手にすぐアプローチしていった。

今のマーケットの状況を考えれば、これはとてもまともな価格だったと思うよ。現在ではまったく違う」
アーセン・ヴェンゲル

「ラカゼットが適応するには3〜4ヶ月かかるだろう。まだその期間にある。トレーニングと試合で、その厳しさに少し驚いている。

ただ、彼は勇敢で知的な男だ。すぐにやってのけるだろう。彼の走りにおける知性、そしてテクニックの質はとてもいいよ。

全体的に言えば、私は彼について心配していない。当初は驚いていたようだが、毎週彼は良くなってきているよ」

(イアン・ライトと似ている?)

「近いが、彼はゴールに取り憑かれた利己的なストライカーではない。点取り屋には色々なタイプがある。ラカゼットはフィニッシャーというよりコンビネーションプレーヤーだ。

記録を見ればいい。アシストも彼は多いよ。他のトッププレーヤーと比べればシュート数は少ないが、アシストのクオリティは上だ。

シュートをたくさん打つ選手ではない。しかし打つときには決めてくる」

(サンチェスと組ませたい?)

「彼らのパートナーシップは有望だね。いいフィニッシャーであり、いいパサーであり、アシストも供給できるから、組み合わせられない理由はない。

あとは両選手がどうプレーしたいかという点だが、いい選手はそういうことが出来るものだ。互いに最高のものを引き出すクオリティをすべて備えていると思うね」