クトローネとスソが2戦連発…ミランがカリアリ撃破、開幕2連勝

写真拡大

 セリエA第2節が27日に行われ、ミランとカリアリが対戦した。

 今夏の移籍市場で積極的な選手補強を敢行したミランは、セリエA第1節でクロトーネに3−0と快勝。ヨーロッパリーグ(EL)プレーオフではシュケンディヤ(マケドニア)を相手に2試合合計7−0と圧倒して本戦出場を決めた。EL3次予選2試合も含めると、公式戦5試合連続で完封勝利を収めている。

 セリエAのホーム開幕戦となった今節は、先発メンバーにGKジャンルイジ・ドンナルンマやリッカルド・モントリーヴォ、スソ、パトリック・クトローネらのほか、新加入のレオナルド・ボヌッチやファビオ・ボリーニといった面々が並んだ。

 均衡を破ったのはミランだった。10分、右サイド深くで縦パスを受けたスソがドリブルでカットイン。左足でクロスを上げると、ファーサイドへ走り込んだクトローネが詰めて先制ゴールを決めた。40分にはCK守備からのカウンターでボリーニが敵陣のスペースへ飛び出し、ドリブルでペナルティーエリアへ差し掛かる。対面する相手DFをかわしてシュートを放ったが、相手GKに阻止されて追加点とはならなかった。前半は1−0で終了した。

 迎えた後半、カリアリが同点に追い付く。GKドンナルンマからのショートパスに対して最終ラインにプレスをかけてボールを奪うと、ペナルティーエリア内でパスをつなぎ、最後はジョアン・ペドロが冷静にゴール左隅へ決めた。

 ミスから失点を喫したミランだが、70分に決勝ゴールを記録する。決めたのは、スペイン代表に初めて選出されたスソだった。ペナルティーエリア右手前からの直接FKでキッカーを務めると、壁を越えて鮮やかな軌道を描いた一撃をゴール右隅へ突き刺した。

 試合は2−1で終了。ミランが競り勝ち、開幕2連勝を果たした。次節は9月10日、第3節でラツィオとのアウェイゲームに臨む。一方のカリアリは同日、クロトーネをホームに迎える。

【スコア】
ミラン 2−1 カリアリ

【得点者】
1−0 10分 パトリック・クトローネ(ミラン)
1−1 56分 ジョアン・ペドロ(カリアリ)
2−1 70分 スソ(ミラン)