J1 第24節のベストイレブン

写真拡大

 フットボールチャンネル編集部では、8月26日から27日にかけて行われた明治安田生命J1リーグ第24節のベストイレブンを選出した。

 ベガルタ仙台をホームで下したコンサドーレ札幌からは、河合竜二をベストイレブンに選出した。仙台の猛攻に晒されながも、守備の要である河合を中心に奮闘。無失点ゲームを演じた。

 16位と17位の直接対決となった大宮アルディージャ対サンフレッチェ広島は1-1のドロー。勝ち点1を分け合う結果となった。不完全燃焼に終わった両チームだが、その中でも存在感を放った青山敏弘をベストイレブンとした。

 首位攻防戦となったセレッソ大阪対鹿島アントラーズは、鹿島が1-0で勝利。伝統の堅守で桜の軍団をシャットアウト。守護神・曽ヶ端準、日本代表での活躍も期待される昌子源を選出した。

 疑惑の判定に揺れたヤマハスタジアムでのゲームは、ジュビロ磐田が執念を見せる結果となった。元ドイツ代表FWポドルスキにゴールを奪われながら、逆転勝ちを収めた。球際の強さなど随所に気迫溢れるプレーを見せて古巣戦を勝利で飾った高橋祥平、今季10得点目を挙げた川又堅碁をベストイレブンに選出。さらに、選手たちに冷静さを取り戻させた名波浩監督を今節の最優秀監督とした。

フットボールチャンネル編集部が選んだ明治安田生命J1リーグ第24節のベストイレブンと最優秀監督は以下のとおり。

▽GK
曽ヶ端準(鹿島)

▽DF
山中亮輔(横浜FM)
昌子源(鹿島)
河合竜二(札幌)
高橋祥平(磐田)

▽MF
大谷秀和(柏)
青山敏弘(広島)
リンス(甲府)
家長昭博(川崎F)

▽FW
長沢駿(G大阪)
川又堅碁(磐田)

▽最優秀監督
名波浩(磐田)

明治安田生命J1リーグ第24節全試合の結果は以下のとおり。

札幌 1-0 仙台
大宮 1-1 広島
柏 1-1 新潟
横浜FM 1-0 FC東京
磐田 2-1 神戸
C大阪 0-1 鹿島
鳥栖 1-3 G大阪
甲府 2-2 川崎F
清水 1-2 浦和

text by 編集部