有村架純が主演するNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合、月〜土曜8:00)。8月28日から第22週「ツイッギーを探せ!」が放送。28日は、時子(佐久間由衣)が、ミニスカートが似合う女性を選ぶ「ツイッギーそっくりコンテスト」へ応募することに……。幼なじみのみね子(有村架純)にだけ、「三男(泉澤祐希)のためにも早く結果を出したい」と、優勝にこだわる理由を打ち明ける。インターネット上では、時子を想う三男についてや、早苗(シシド・カフカ)の“お見合い”などについて盛り上がっていた。

【第22週のあらすじ】
ミニスカート旋風が起こっていた1967年・夏。時子は、ミニスカートが似合う女性を選ぶ「ツイッギーそっくりコンテスト」へ出場することに。自分を想ってくれている三男のためにも、早く結果を出したい時子。「絶対優勝する」という決意を伝えようと、みね子と一緒に、三男が働く米屋を訪れる。そこで初めてさおり(伊藤沙莉)と対面した時子は、さおりが「時子のファン」だとうそをついていたことを知る。三男をめぐって“三角関係”の時子とさおり。一歩も譲らない2人の大げんかが始まり、みね子もとばっちりを受けることに……。

一方、「すずふり亭」の娘・由香(島崎遥香)は和菓子屋「柏木堂」で働き始める。祖母の鈴子(宮本信子)と父の省吾(佐々木蔵之介)に見つけてほしいようだが、店主の柏木(三宅裕司)親子には「自分がいることは秘密」と念を押す。ある夜、久々にバー「月時計」に集まった、みね子、時子、早苗、由香。4人で積もる話をしていると、早苗が店外に見えた人影を追って、突然飛び出していってしまう。そのころ、あかね荘では、富(白石加代子)に異変が起きていた。電気もつけずに部屋にいた富に、愛子(和久井映見)が声をかけると、「胸騒ぎがする」と言う。