◇朴城ヒョンが今季2勝目 米女子ゴルフ

 米女子ゴルフのカナダ・パシフィック女子オープンは27日(現地時間)、オタワのオタワハントGC(パー71)で最終ラウンドが行われ、韓国の朴城ヒョン(パク・ソンヒョン、23)が7バーディーの64で回り、通算13アンダー、271で優勝。今季2勝目を挙げた。

◇米国務長官「北朝鮮への平和的圧力継続」

 ティラーソン米国務長官は、北朝鮮が26日に短距離飛翔(ひしょう)体3発を発射し挑発したにもかかわらず、米国が引き続き北朝鮮問題の平和的な解決策を模索すると明らかにした。ティラーソン氏は27日(現地時間)、米FOXテレビのインタビューで、北朝鮮の飛翔体発射が米国と同盟国に対する挑発行為だと指摘しながらも、「北朝鮮との対話の機会があることを望む」と述べ、対話を通じた北朝鮮問題解決へ意欲を示した。

◇国防部など5政府機関 きょう文大統領に業務報告

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日午後、国防部、国家報勲処、行政安全部、法務部、国民権益委員会から業務報告を受ける。22日から始まった政府機関の業務報告は、業務内容を列挙するのではなく、いくつかの主要政策を報告し、これに関し討論する形式で行われている。

◇サムスントップが控訴 検察との攻防に注目

 韓国前大統領の朴槿恵(パク・クネ)被告と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告への贈賄罪などに問われたサムスングループの事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)被告(サムスン電子副会長)が25日に懲役5年の判決を言い渡された。李被告も、韓国政府から独立して朴被告と崔被告が絡む一連の事件を捜査した朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官も控訴する方針を示しており、再び法廷で攻防を繰り広げることになった。双方がどのような戦略や対応で控訴審に臨むか注目される。