アメリカで大人気のエクササイズ『ダヴィンチボディボード』をご存知でしょうか?

ボードに取り付けられたチューブを使いながら行う、ヨガ、ピラティスの要素を取り入れたファンクショナルトレーニングで、短時間のトレーニングでも、ジムで機械を使ったトレーニングのような運動量が得られると考えられています。

筋トレに苦手意識がある方でも楽しんでできるという噂のエクササイズ、普段は自宅で簡単なストレッチくらいしかしていない典型的運動不足の筆者が体験してきました!

『ダヴィンチボディボード』エクササイズの内容は?

米国で大ブームの最新フィットネスが『ダヴィンチボディボード』(以下DVBB)。いったいどんなものなのか、JOYFITのプログラムセクションマネージャーを務める千田奈緒美さんにご紹介頂きました。

「DVBBはヨガやピラティスの要素を取り入れつつ、チューブを使う運動です。従来の機械式ジムトレーニングでは、マシンの動きにあわせて可動域が限られていますが、チューブを使うことで360度どんな体勢でも動けるという点が画期的なんですよ。そこがこれまでのエクササイズと決定的に違うポイントといえるでしょう。

無酸素運動、有酸素運動、そして体幹トレーニングが融合した、今までにない最高のトレーニングシステムとなっています」(千田さん・以下「」内同)

千田さんによれば、脂肪を燃やす有酸素運動と筋力アップを同時に行える効率的なDVBBプログラム20分間で、機械式のハードな運動と同等の効果を期待できるそう。

そんな運動量を可能にしたDVBBのチューブはさぞ硬く、重い代物なのだろうと予想していましたが、実際に筆者がチューブを持ってみると「え? 本当にこのチューブでそんなにハードな運動になるの?」と驚くほど、しなやかで柔軟性のあるものでした。

アメリカで大人気エクサを体験!

さて、今回はJOYFIT24経堂にて、“野球場にいる可愛すぎるビールの売り子”として話題になった芸能界デビューしたモデルのほのかさんと、ミスワールドジャパン2017ファイナリストの4名と一緒に45分間のDVBBを使ったプログラムを体験しました。

DVBBでは長いボードの両端に赤いチューブが装着されていて、このチューブを両手で持ち上げる動きで体幹にアプローチしていきます。

ボードの中央に乗り、肩幅程度に脚を開き運動しますが、立ち位置を前方や後方へ少し移動するだけでも、体にかかる“負荷”に変化が生まれます。自分の鍛えたい部分、背筋だったり、腹筋といったターゲットに合わせて、かける負荷を簡単にコントロールできるのが、DVBBの大きな特徴でもあるそう。チューブを使いながら、ヨガやピラティスといった体幹の強化に繋がるポーズを取り入れることで、しなやかな筋肉作りに効果が期待できます。

見た目より柔らかいチューブはとても扱いやすく、どんな姿勢をとっても動きやすいのですが、チューブを使うこと自体に負荷がかかるので、見た目以上に激しい運動をしているように感じます。中でも、チューブを持ちながら体を“ひねる”動きでは、引っ張る力も必要なので、体幹がしっかり固定できていなければ上手くできないようです。目標とする姿勢まで静かにチューブを引くだけでも体幹は鍛えられるとのことでした。

例えば、チューブを両腕で頭の上まで持ち上げるエクササイズは二の腕に筋トレ効果が。チューブを持ったまま体をひねる動きはウエストを引き締めてくれます。360度どんな方向にも動かせるチューブだから、女性にとって引き締めたいパーツへ簡単にアプローチできるのが嬉しいですよね。

どれぐらい継続すれば効果的?

「効果には個人差がありますが、45分間のDVBBを週1〜3回、3カ月ほど継続することで、身体に変化が見られるでしょう。

普段、筋トレに対して苦手意識がある女性でも、チューブを使うことで楽しみながら運動できるのでオススメです。日ごろ運動していないという人にこそチャレンジしていただきたいですね」と話す千田さん。

少し体をひねるだけでも腹筋がビリビリするような感覚になるこのエクササイズ、ヨガやピラティスでは物足りないと感じていた方には、このチューブの負荷がきっと心地よく感じるハズ。最新エクササイズで運動不足を解消してみてはいかがでしょうか?

【取材協力】

JOYFIT24・・・JOYFITは、『スポーツクラブジョイフィット』、『24時間営業フィットネスジムジョイフィット24』、『女性専用ヨガスタジオ ジョイフィットヨガ』などさまざまな業態のクラブを国内外200店舗以上で展開。DVBBが体験できる店舗についてはJOYFITのHPにて確認ください。