カンタス航空は、オーストラリア東海岸からロンドン、ニューヨークを結ぶ直行便を、2022年までに開設する意向を示した。市場調査などに着手する。

機材はエアバスA350-900ULR、ボーイング777Xの現在開発中のいずれかの機種となる見通し。所要時間は、シドニー〜ロンドン間では最大4時間、メルボルン〜ニューヨーク間では最大3時間短縮する。

カンタス航空では、2018年3月にもパース〜ロンドン線直行便を就航する。所要時間は約17時間で、オーストラリアとヨーロッパを結ぶ初の直行便となる。機材はボーイング787-9型機を使用する。