【詳細】他の写真はこちら

今年で16周年を迎えた夏の風物詩『a-nation』。今年も東京・味の素スタジアムで『a-nation 2017』が8月26日に開幕し、2日目となる27日は、ヘッドライナーの浜崎あゆみを筆頭に、D-LITE(from BIGBANG)、GENERATIONS from EXILE TRIBE、TRF、BLACKPINKなど国内外より全15組が集結。アーティストたちが極上のライブを繰り広げた。

オープニングアクトには新進気鋭のGIRLFRIENDとRICKEY&RABBIEの2組が登場。そしてトップバッターには、BLACKPINKがセクシーなダンスとともに「BOOMBAYAH」を披露した。JENNIEを3人で抱き上げるパフォーマンスに歓声が沸き起こり、オーディエンスの心をガッチリ掴んだ。『a-nation』に出演できたことへの感謝の気持ちを伝えて、ラストに最新曲「AS IF IT’S YOUR LAST」で場内を魅了。

同じくガールズパワーで魅せたのはHappiness。ダンサーを引き連れ、ネオンを基調としたカラフルな衣装をまといながら、「Holiday」「Ordinary Girls」「Love Wonderland」などスケール感のある歌とダンスで盛り上げる。「Happinessとして『a-nation』初出場ができて、うれしい気持ちでいっぱいです!」とオーディエンスに向かって叫び、最新曲「GOLD」を熱唱した。

「楽しんでますか!? 『a-nation』」。白の法被姿で「愛しい人へ」を歌いながら登場したのはET-KING。うちわとタオルを振り回して「キラッ☆サマー」などサマーソングで熱気を高め、メンバーそれぞれの想いを胸に、これまで以上に力強いパフォーマンスでエールを届けた。

その後は、メロディックパンクバンドのSWANKY DANK。迫力あるサウンドにメジャーデビューへの期待が高まる。中盤戦を盛り上げたのは、MY FIRST STORY。重低音をきかせた「ALONE」から新曲「REVIVER」まで激しく盛り上げる。「かかってこい!!」と挑むHiroの語りに煽られて流れるのは「不可逆リプレイス」。ロック界を揺るがしていくバンドとして今後も目が離せない。

「『a-nation』盛り上がってますかー!?」と叫びながら「拝啓、いつかの君へ」を皮切りに、ステージに立ったのは感覚ピエロ。いちど聴いたら中毒になると話題の「O・P・P・A・I」を熱唱。軽やかなリズムで歌い上げる刺激たっぷりなライブを魅せた。

そして続くは、スカルをバックに、フードを目深に被って登場したVAMPS。彼らの本質を描いた裏世界をテーマとする「UNDERWORLD」「CALLING」をHYDEの妖艶な歌声が惹きつけていく。「正義の中にも罪がある!」フラッグを担ぎ、拡声器を用い、会場全体をウェーブに巻き込み、煽りを入れながら「INSIDE OF ME」「B.Y.O.B」など全6曲を壮大な世界観とともに歌い上げた。

大歓声の中、新曲「BLING BLING」を韓国語で歌い登場したのはiKON。熱狂的な声援を受けながら「すごい景色ですね〜」とひと言。昨年より日本語が上達したMCを披露しラストには「DUMB&DUMBER」「B-DAY」で場内を沸かせた。

「BOY MEETS GIRL」など、時代を経ても色褪せない名曲で場内のボルテージを高めたのはTRF。DJ KOOのギターなど、趣向を凝らしたパフォーマンスをはじめ、「CRAZY GONNA CRAZY〜EZ DO DANCE」のメドレーでは、アクトダンサー総勢77名とともにダイナミックなステージに仕上げた。

オープニング映像から大歓声を浴びながらGENERATIONS from EXILE TRIBEが登場。甘いマスクからは想像できない、力強い歌声とハイスペックなキレキレのダンスを披露。「Say GENERATIONS!」と掛け声を入れれば、テンションも最高潮! 「Y.M.C.A.」では「皆さんの声を聞かせてください!」とお決まりのポーズでオーディエンスの熱気を上げていく。「盛り上がりがヤバすぎですよ!」と喜びを全面に出しながら、トップスを脱ぎ捨て、鍛え上げられた上半身を見せつけてくれた。新曲「空」をはじめ、「Hard Knock Days」「AGEHA」など、バラードからアッパーソングまで楽しませた。

『a-nation』終盤は、主題歌を務めたドラマの映像と共に超実力派シンガー、Beverlyが登場。大躍進のきっかけとなった「I need your love」を伸びやかなハイトーンボイスでシャウトする姿はまさに圧巻だった。

続いて、興奮冷めやらぬ場内から、大歓声を受けて登場したのはD-LITE(from BIGBANG)。「D-Day」「VENUS」と爽やかなナンバー後のMCで「帰りたくなくなる」と名残惜しそうに言いながらも「みんなで飛んでみましょう!」と盛り上げることも忘れない。「じょいふる」ではオーディエンスとの掛け合いを楽しみ、ラストソングの「ナルバキスン(Look at me, Gwisun)」では振り返りの仕草やハートマーク、マイク回転など、男前パフォーマンスで盛り上げた。

最終日の大トリを飾ったのは、浜崎あゆみ。ファイヤーボールとアクロバティックなアクションが繰り出される中「talkin’2 myself」から始動! 迷彩柄ミニワンピで「Fly high」を熱唱。柔らかな白ドレスへチェンジしたあと、「fairyland」では軽やかに、「HANABI」ではしっとりと、夏の定番ナンバーが夜空に響いた。

「もっともっと盛り上がっていきましょう!」Ayuの掛け声に合わせて、光るウチワで観客が応えた。浴衣姿に着替えたAyuを乗せたトロッコが会場をひとまわり。「Sunrise〜LOVE is ALL〜」を先陣に「Boys & Girls」でオーディエンスとハイタッチを楽しんだ。ラストスパートはTシャツとショートパンツで歌い上げる「You & Me」「BLUE BIRD」。「今年の夏の思い出、たくさん思い出しながら歌ってください」とメッセージを伝えると、ラストソング「July 1st」を全開の笑顔で歌い上げた。

最初から最後まで、息を付かせないドラマチックなライブステージの終幕、『a-nation』の風物詩となる花火が舞い上がった。あとに残った大きな感動に、いつまでも温かい歓声と拍手が贈られた。

2日間で約12万人を動員(無料エリア含む)し、今年も大いに盛り上がった『a-nation 2017』。来年は一体どんなサプライズを見せるのか、次なる期待を残して閉幕した。

『a-nation2017』 OFFICIAL WEBSITE

http://a-nation.net/