アーセナルがリバプールに衝撃の惨敗 司令塔エジル、サポーターへ異例のけじめ謝罪文

写真拡大

敵地リバプール戦で0-4敗戦 フル出場のエジルがインスタグラムで思い綴る

 アーセナルは27日の敵地リバプール戦で衝撃の0-4惨敗を喫した。

 相手はブラジル代表MFフェリペ・コウチーニョ、イングランド代表MFアダム・ラナーナというダブルエースを欠く一方、アーセナルはエースのチリ代表MFアレクシス・サンチェスが復帰しながらも情けない完敗に、司令塔のドイツ代表MFメスト・エジルはサポーターに向けて異例の謝罪文を発表している。

 アンフィールドで屈辱を味わったエジルはフル出場後、インスタグラムを更新した。

「我々を批判すればいい。標的にしてもいい。批判して構わない。しかし、今日の試合については僕もとても失望している。インターナルナショナル・ブレークの前に前向きな結果を出したかった。しかし、90分間で我々は単純に足りなかった。リバプールは疑う余地なく勝利に相応しかった」

 エジルは悔しい思いをこう綴っていた。前節ストークス戦に続く連敗で、昨季アーセン・ベンゲル監督の解任騒動まで起こしたサポーターは早くも憤怒の様相を呈している。

チーム離脱前に「申し訳ない」とけじめ

「いつもなら今日みたいにフラストレーションの溜まる試合後には、怒りのあまりにソーシャルメディアを更新しない」というエジルだが、今回ばかりは事情が異なったようだ。

「でも、ドイツ代表の遠征前にコメントなしにこの試合のことを水に流すことはできなかった。いずれにしても、ガナーズのみんな、申し訳ない。特にリバプールまで僕たちの戦いをわざわざ見に来てくれたファンに申し訳ない。しかし、次の試合には全てを向上させようと努力する。この瞬間、誰もが感じている落胆から立ち直るために」

 エジルは9月1日のロシア・ワールドカップ欧州予選チェコ戦と5日のノルウェー戦で離脱することになる。その前に異例とも言える長文の謝罪をサポーターに向けて記し、けじめをつけようとしていた。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

エジルがインスタグラムで謝罪文

 

Blame us, shout at us, criticize us, but I'm also very disappointed about today's game 😠. We wanted to achieve a positive result before the international break but we were simply not good enough during the 90 minutes and Liverpool deserved the win without a doubt. Usually I'm too angry to post on social media after such frustrating days like today, but I don't want to let this match go uncommented before traveling to the DFB Team. Nevertheless... Gunners, I'm sorry - especially for the fans who travelled all the way up to Liverpool to see us fighting. But we will try everything to improve in the next game and bounce back from the disappointment we are all feeling at the moment 👊🏼 #LFCvAFC @arsenal

Mesut Özilさん(@m10_official)がシェアした投稿 -