毒霧を履くグレート・ニタ(左)

写真拡大

 10月31日に7度目の引退試合を控えるプロレスラー・大仁田厚の“化身”であるグレート・ニタが27日、東京・新木場1stRINGで行われた『さよならグレート・ニタ』興行でリングに別れを告げた。

【写真】海で別れを告げるグレート・ニタ

 ニタは10日にお台場の海に出現した。その後、消息不明だったが『さよならグレート・ニタ』興行には律儀に登場。“最後の魔界対決”と銘打たれた一戦で、ニタは“腹違いの妹”グレート・タム、落武者橋本、雷電と組み、ジーザス矢口、ミスター・ポーゴ2世、怨霊、寧々D.a.i組と8人タッグマッチで激突した。

 いきなり矢口に緑の毒霧を噴射して先制攻撃を仕掛けると、怨霊に机上パイルドライバーを繰り出すなど、ニタは変幻自在のファイトで矢口組を手玉に。妹のタムともダブルの毒霧、合体ブレーンバスターを披露するなど絶妙な連係を見せ、最後は自身の体を360度回転させてからのトリッキーなイス攻撃、続けてバックドロップを怨霊に見舞い、3カウントを奪った。

 有終の美を飾ったニタは「最近日本語を覚えた。『さよならニタ』ということは、オオニタもさよならだと思う。日本で初めて覚えた言葉は『疲れた』。また今から海に帰る。バカらしいと思うけど、いい年こいて海に帰る。今から夜の海に行く。全国に行って、オオニタにニタのサインを求めるヤツがいるけど、もうやめてって! オレとニタは兄弟でも親せきでもなく、たまたま知り合いなだけ」とニタ史上初のマイクアピールをして、超満員の観衆を驚かせた。

 最後は「きょうは半分だけオオニタになります」と言うと、まさかの「1、2、3、ファイアー!」で締めくくった。そして試合後のサイン会を終えると、東京湾へと向かい出現した場所からほど近い台場の海に消えていった。

 思いを妹のタムに引き継いだニタ。90年に米国マットにニタらしき男が登場。国内では94年12月1日、広島グリーンアリーナで初めて姿を見せた大仁田の“化身”が、ついにリングから去った。