チェルシーが王者の貫禄見せつけ2連勝…ルーニーは3戦連続ゴールならず

写真拡大

 プレミアリーグ第3節が27日に行われ、チェルシーとエヴァートンが対戦した。

 チェルシーはセスク・ファブレガスが出場停止から復帰しスタメンに選ばれた。一方のエヴァートンはイングランド代表引退を表明したウェイン・ルーニーが引き続き先発に名を連ね、3試合連続ゴールに期待がかかる。

 ペドロ、ウィリアン、アルバロ・モラタを中心に攻め立てるホームのチェルシーが、先にチャンスを掴む。27分、モラタにパスを出したセスクがペナルティーエリア内に侵入。モラタからヘッドでパスが出ると、セスクがダイレクトシュート。ゴールへ流し込み、チェルシーが先制に成功する。

 攻め立てるチェルシーは40分、クリアされたボールを拾ったセサル・アスピリクエタが早めのクロスをあげる。これに反応したモラタが、ヘッドでゴールを決め点差を2点に広げる。

 チェルシーがリードを広げ、前半を折り返した。

 50分、ゴールを奪いたいエヴァートンの攻撃。カウンターからボールを持ったルーニーが、ディフェンスラインの裏に抜け出したサンドロ・ラミレスへスルーパスを出す。シュートを放つも相手DFにあたりネットを揺らすことはできない。

 チェルシーも攻め手を緩めない。59分にペナルティーエリア外でボールを奪ったペドロが、相手DF1人をかわしてシュートまで持ち込む。しかし枠を捉えられない。

 84分にエヴァートンへビックチャンスが訪れる。左サイドからクロスが挙げられると、アシュリー・ウィリアムズがヘッドで合わせる。しかしこのシュートもわずかに枠を外れる。

 試合はこのまま終了し、チェルシーが2連勝を達成した。エヴァートンは今シーズン初黒星を喫している。

 チェルシーは次節、9月9日にレスターとアウェイで、エヴァートンは同日にトッテナムとホームでそれぞれ対戦する。

【スコア】
チェルシー 2−0 エヴァートン

【得点者】
1−0 27分 セスク・ファブレガス(チェルシー)
2−0 40分 アルバロ・モラタ(チェルシー)