17F1第12戦ベルギーGP決勝。優勝を喜ぶメルセデスAMGのルイス・ハミルトン(2017年8月27日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】17F1第12戦ベルギーGP(Belgian Grand Prix 2017)は27日、決勝が行われ、メルセデスAMG(Mercedes AMG)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)がキャリア通算200レース目を優勝で飾った。

 ハミルトンは歴代最多タイとなる68度目のポールポジションからのスタートを生かしてリードを奪ったが、ドライバーズ選手権首位に立つセバスチャン・ベッテル(Sebastian Vettel)擁するフェラーリ(Ferrari)勢のアタックを受けた。それでも、それを振り切ったハミルトンは今季5勝目を挙げて、ベッテルとのポイント差を7に縮めた。

 ベルギーGPで3勝目、通算では58勝目を挙げたハミルトンはこれでタイトル争いに再び名乗りを上げている。

 仮に9月3日に決勝を迎える第13戦のイタリアGP(Italian Grand Prix 2017)でハミルトンが優勝すれば、今季初めて総合争いでトップに浮上することになる。

 2位にはベッテルが入り、以下レッドブル(Red Bull)のダニエル・リカルド(Daniel Ricciardo)、フェラーリのキミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)、メルセデスのバルテリ・ボッタス(Valtteri Bottas)が続いた。
【翻訳編集】AFPBB News