2016年9月に行われた「元山国際親善航空祭典」(朝鮮中央通信)

写真拡大

北朝鮮が来月の開催を予告していた航空ショー「元山国際親善航空祭典2017」が中止になったことが、27日までにわかった。

中止の理由は不明。メディアは燃料不足や集客の難しさのためでは、と分析している。

同航空ショーは昨年9月に初めて開かれ、北朝鮮軍の戦闘機や高麗航空の航空機などが登場した。外国からもメディアや観光客が集まり、新たな外貨獲得手段のひとつとして注目されていた。

また、北朝鮮の金正恩党委員長は大の飛行機好きとして知られ、貴重な航空燃料を消費する航空ショーが企画された背景には、同氏の強い意向があったものと思われる。