26日、仏RFI中国語版サイトは記事「中国ネットユーザーのコメント書き込み、10月から実名制に」を掲載した。コメントの書き込みはサイトへの実名登録が義務化されることとなった。

写真拡大

2017年8月26日、仏RFI中国語版サイトは記事「中国ネットユーザーのコメント書き込み、10月から実名制に」を掲載した。

中国共産党中央ネット安全・情報化領導グループ弁公室は25日、「インターネット掲示板コミュニティサービス規定」を発表した。ネット掲示板やニュースサイトなどコメント機能を持つウェブサイト、アプリに対する新たな規制だ。10月1日より施行される。

同規定では、ネット掲示板やアプリの書き込みにおいて、中国の法律に違反する書き込みを禁止し、もし書き込みがあっても速やかに削除するよう規定している。またユーザー認証については「後台実名制」(サイトに表示される名称はハンドルネームでも許されるが、サイトはユーザーの実名を把握することが義務化される)を導入することを求めている。(翻訳・編集/増田聡太郎)