アーセン・ヴェンゲル監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 アーセナルは現地時間27日、プレミアリーグ第3節でリバプールに0-4と大敗した。アーセン・ヴェンゲル監督は、ひどい内容だったことを認めている。英メディア『スカイ・スポーツ』で語った。

 3バックで臨んだ前半に2点を奪われたアーセナルは、後半から4バックに変更して流れをつかみかけた。しかし、DFエクトル・ベジェリンのミスから3点目を奪われると、何もできないまま4点目を決められている。

 「内容どおりの結果だ」と認めるヴェンゲル監督は、「ピッチのあらゆるところでフィジカル負けしていた。その上ミスが重なって相手を楽にしてしまった」とコメント。「我々のパフォーマンスは本当に悲惨だった」とショックを受けている様子だ。

 アーセナルはこれで2連敗。早くもヴェンゲル監督の続投は間違いだったのではないかという声が聞こえている。

「もし私が問題なら、申し訳ない。だが、私は全員が一緒に負けるものだと思う。我々にできることはここから立て直し、ファンにより高いレベルのパフォーマンスを見せることだけだ」

 ヴェンゲル監督がファンの信頼を完全に取り戻すには、まだ時間がかかるかもしれない。

text by 編集部