アレクシス・サンチェス【写真:Getty Images】

写真拡大

 アーセナルのFWアレクシス・サンチェスが、一部ファンの怒りを買っている。英メディア『メトロ』などが伝えた。

 アーセナルは現地時間27日、プレミアリーグ第3節でリバプールと対戦した。今シーズン初の先発出場となったサンチェスは後半途中に交代となると、チームが敗色濃厚の状況で笑顔を浮かべる様子が映し出されている。

 リバプールのホームでほとんど何もできずに敗れたアーセナル。今夏の移籍が話題になってきたサンチェスは62分に退いてベンチに戻ると、執拗にカメラに狙われた。

 そんな中、同選手が笑顔を浮かべて手で顔を覆うようなシーンが見られると、アーセナルファンの怒りは爆発。「失礼だ」「なぜ笑っているんだ」「4点差で負けているのにサンチェスはベンチで笑っている。(移籍市場が閉鎖となる)木曜日までにいなくなるさ」「バイバイ、サンチェス」といったツイートが多く見受けられた。

 契約が残り1年となっているサンチェス。アーセナルはそれでも同選手を残すつもりとしてきたが、リバプール戦の笑顔は何を意味するものなのだろうか。

text by 編集部