【ソウル聯合ニュース】米女子ゴルフのカナダ・パシフィック女子オープンは27日(現地時間)、オタワのオタワハントGC(パー71)で最終ラウンドが行われ、韓国の朴城ヒョン(パク・ソンヒョン、23)が7バーディーの64で回り、通算13アンダー、271で優勝し、今季2勝目を挙げた。

 また、李美林(イ・ミリム、26)が11アンダー、273で単独2位に、田仁智(チョン・インジ、23)が10アンダー、274で3位タイにつけ、韓国勢の活躍が目立った。

 米女子ツアーでは、朴が初優勝を飾った先月の全米女子オープン選手権から5大会連続で韓国人選手の優勝が続いている。金寅敬(キム・インギョン)がマラソン・クラシックと全英リコー女子オープンで、李美香(イ・ミヒャン)がスコットランド・オープンで優勝した。