米大統領が人種差別で有罪宣告の元保安官に恩赦、下院議長は反対

写真拡大

[ワシントン 26日 ロイター] - トランプ米大統領は25日、人種差別的な取り締まりを続けたとして有罪宣告を受けたアリゾナ州のジョー・アーパイオ元保安官(85)に恩赦を与えた。これを受け、共和党幹部のライアン下院議長は26日、恩赦への反対を表明した。

議長は発表文書で「法執行当局者は米国のすべての人々の権利を尊重する特別な責任を有する。その責任が今回の恩赦によって軽減されたとみなされるべきではない」と述べた。

このほか、アリゾナ州選出のジョン・マケイン上院議員、ジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事などの共和党有力者も大統領による恩赦を批判している。

元保安官は、裁判所の職務停止命令を無視して、不法移民に対する強硬な取り締まりを続けたことから、7月に有罪を宣告された。