FCバルセロナ移籍が目前のコウチーニョ

写真拡大

リバプールはバイエルン・ミュンヘンとレナト・サンチェス(20歳)と話し合いを行っており、コウチーニョの代役としての補強を考えている。リバプールはコウチーニョ放出の準備を進めており、それと同時にポルトガル代表のレナト・サンチェス獲得を考えている。

レナト・サンチェスは5月10日にベンフィカから移籍金3,500万ユーロ(約46億円)+出来高4,500万ユーロ(約59億円)でバイエルン・ミュンヘンに加入している。なお、ベンフィカ時代にはラッシュフォード、デレ・アリ、マルコ・アセンシオ、ジャンルイジ・ドンナルンマを抑えゴールデンボーイ賞2016を獲得している。

レナト・サンチェスはブレーメン戦にメンバー外となったのに加え、昨シーズンから監督アンチェロッティの下では満足のいく出場時間を得られておらず、移籍を検討している。